2024年 4月 13日 (土)

Z世代の18歳「必ず結婚すると思う」2割以下!ネットで賛否話題に...「自由に生きたい気持ち、わかる」「本音出た...少子化対策はムダ」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「結婚しないのか」、それとも「できないのか」...。近年、結婚しない若者が増えているが、Z世代の18歳男女で「必ず結婚すると思う」と考えている人が2割に満たないことが、日本財団が2023年1月6日に発表した「18歳意識調査」で明らかになった。

   特に女性では約14%しかおらず、「結婚しないと思う」理由のトップは、「1人でいるほうが精神的にラク」というもの。

   ネット上では「彼らの気持ちがわかる」という共感と、「これが本音。少子化対策にカネを使うのはムダ」という反発の賛否があがっている。

  • 結婚に夢を持てない時代なのか?(写真はイメージ)
    結婚に夢を持てない時代なのか?(写真はイメージ)
  • 結婚に夢を持てない時代なのか?(写真はイメージ)

女性のほうが「結婚しないメリット」謳歌する傾向

   今回で52回目となる「18歳意識調査」は、価値観やライフデザインを中心に若者の考えを探った。対象は全国の17歳から19歳の男女1000人。

   質問は大きく4つに分かれている。「働き方・キャリアに対する価値観」「パートナーシップ・結婚に対する考え方」「子どもを持つこと・子育てに対する考え方」「少子高齢化対策に対する政府の対応」の4つだ。

   このうち「パートナーシップ・結婚に対する考え方」では、「将来結婚したいと思うか」と聞くと、男女とも4割超が「したい」と回答。「どちらかといえばしたい」を含めれば、6割超の人が結婚を望んでいた。

   しかし、「実際に将来、結婚すると思うか」と、さらに突っ込んで聞くと、「必ずすると思う」という回答が男性で19.2%、女性で13.7%にとどまった。「たぶんすると思う」も合わせると、「実際に結婚すると思う」と答えたのは、男性51.8%、女性50.3%だった【図表1】。

(図表1)実際に結婚すると思うか(日本財団の作成)
(図表1)実際に結婚すると思うか(日本財団の作成)

   結婚を「絶対しない」「たぶんしない」と答えた人に理由を聞くと(複数回答可)、男性は「恋人・パートナーがいないから/見つからないから」(47.3%)が最多。一方女性は、「1人でいるほうが、精神的は負担が少ない」(52.3%)がトップとなった【図表2】。

   女性では「子どもを育てたいと思っていないから」(36.9%)と「自由を失いたくないから」(35.1%)、そして「家庭を築くより優先したいことがあるから」(22.5%)の3つが、いずれも男性より目立って高いことが特徴だ【再び図表2】。男性よりも独身でいることのメリットを生かしたいという意識が強いようだ。

(図表2)自分が将来結婚しないと思う理由(日本財団の作成)
(図表2)自分が将来結婚しないと思う理由(日本財団の作成)

   近年増えている多様なパートナーシップに対する考えを聞くと、「事実婚」(79.5%)、「選択的夫婦別姓制度」(78.3%)、「パートナーシップ宣誓制度」(81.0%)のいずれも、「賛成」という回答が7~8割に達した。特に女性のほうが賛成する人が多いのが特徴だ【図表3】。ここでも「自由な生き方」を目指したい女性が増えていることが表れているようだ。

(図表3)事実婚・選択的夫婦別姓制度・パートナーシップ宣誓制度に対する賛成の割合(日本財団の作成)
(図表3)事実婚・選択的夫婦別姓制度・パートナーシップ宣誓制度に対する賛成の割合(日本財団の作成)

   また、事実婚、選択的夫婦別姓制度、パートナーシップ宣誓制度に対する質問では、事実婚は79.5%、選択的夫婦別姓制度は78.3%、パートナーシップ宣誓制度は81.0%が賛成すると回答した。

   調査は、2022年12月2日~5日、全国の17歳~19歳男女、合計1000人にインターネットを使ったアンケートを行なった。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中