大盛況「東京オートサロン」、2大注目のEVメーカー...中国「BYD」&日本発EVベンチャー「HW ELECTRO」に熱視線!

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   新春恒例のカスタムカーの祭典「東京オ―サロン」(2023年1月13~15日、千葉市・幕張メッセ)に、中国の電気自動車(EV)メーカー「比亜迪(BYD)」が初出展し、話題を呼んだ。

   BYDはスポーツタイプ多目的車(SUV)「ATTO 3(アットスリー)」を日本で1月31日から440万円で発売する。本邦初上陸直前の中国製EVを一目見ようと、多くのクルマ好きで賑わった。

  • BYDのSUV「ATTO 3(アットスリー)」
    BYDのSUV「ATTO 3(アットスリー)」
  • BYDのSUV「ATTO 3(アットスリー)」

BYD...発売直前のSUV「アットスリー」、コンパクトカー「ドルフィン」、高級セダン「シール」お披露目

   今回、BYDが東京オートサロンに出展したのは、アットスリーに加え、23年中頃に発売するコンパクトカー「DOLPHIN(ドルフィン)」と、同年下半期に発売する高級セダン「SEAL(シール)」だ。

   いずれもBYDが本国で開発・生産する最新EV。本来、東京オートサロンは市販車をカスタマイズした特別仕様車を展示するのが筋だが、BYDの3モデルはいずれも発売前なのでノーマル仕様の展示となった。

BYDの高級セダン「SEAL(シール)」
BYDの高級セダン「SEAL(シール)」

   近年、東京オートサロンは、隔年開催の東京モーターショーよりもクルマ好きの間では注目度が高くなっている。このため、自動車メーカー各社は東京オートサロンに合わせ、新車を発表するケースが増えている。日本だけでなく、アジア近隣諸国から訪れる自動車ファンも多いからだろう。

   BYDが東京オートサロンに出展したのも、これらのコアなクルマ好きを狙っているのは間違いない。予想通りと言うべきか、BYDブースは盛況で、アットスリーを「徹底解説」したという特別編集の冊子を配布していた。

姉妹サイト