2024年 6月 19日 (水)

フリーランスの働き方の実態...トラブルに見舞われ、収入低いけど、満足度は高い? 連合調査

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求
「好きなことを仕事にしたかったから」
「自分の専門性を活かすため」
「場所や時間にとらわれずに自由に働きたいから」

   ――そんなきっかけから、「フリーランス」として働く人は少なくない。

   俳優やミュージシャン、作家、漫画家、映画監督に演出家、デザイナー、コンサルタント、エンジニア、ベビーシッター、スポーツ・インストラクター......。

   フリーランスの立場で働く人はさまざまだ。こうしたことから、日本労働組合総連合会(連合、東京都千代田区)は、フリーランスの働き方を調査。2023年1月23日に発表した。

   フリーランスで働く人に、仕事の発注者や事業者とは業務内容のほか、トラブルを防止するうえでも、契約書を締結するよう促している。

  • フリーランスの働き方を調査(写真はイメージ)
    フリーランスの働き方を調査(写真はイメージ)
  • フリーランスの働き方を調査(写真はイメージ)

収入での満足度の低さ際立つ

   調査では、全国の20歳以上の男女でフリーランスを本業として働いている人(1000人)に、「フリーランスとして働き始めたきっかけ」を聞いたところ、「好きなことを仕事にしたかったから」が32.5%で最も高かった。

   次いで、「自分の専門性を活かすため」の29.8%、「場所や時間にとらわれずに自由に働きたいから」が29.4%。「フリーランス以外に選択肢がなかったから」(16.8%)、「前職を退職したため(自己都合)」(15.3%)と続いた。

   世代別にみると、39.5%の20代が「場所や時間にとらわれずに自由に働きたいから」と答え、全体と比べて10ポイント以上も高かった。

   フリーランスとしての働き方に、「どのくらい満足しているか」聞いたところ、仕事全体では、「非常に満足している」が15.0%、「やや満足している」が 41.0%で、合わせた56.0%の人が「満足している」と答えた。

   一方で、「まったく満足していない」が5.1%、「あまり満足していない」が9.3%で、合わせて14.4%が「満足していない」だった。

   フリーランスとして働く人の多くが、満足感を得ながら仕事をしているようすがうかがえる。

   ただ、仕事の内容別にみると、満足している人、「暮らし・学び関連」で77.8%と高かった一方で、「営業・販売関連」では40.3%にとどまった。仕事の内容によって、満足度に差が生じていることも明らかとなった。

   さらに「仕事の内容や質」で63.6%、労働時間では57.5%の人が「満足している」と答え、半数を超えた一方で、「収入」に「満足している」と答えた人は27.9%と3割未満にとどまった。収入での満足度の低さが際立った。

   「働きがい・やりがい」に、「満足している」と答えた人は66.0%。「プライベートとの両立」では68.8%が「満足している」と、いずれも約7割を占めた。働きがい・やりがいを感じている人や、ワークライフバランスを整えることができている人は多いとみられる。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中