2024年 6月 19日 (水)

「転職するなら今が絶好のチャンス」賃金1割以上増えてウハウハ、過去最高レベル! 人手不足から、労働市場が景気よりも「過熱状態」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「転職するなら今が絶好のチャンスかも!?」。そんな調査がまとまった。

   リクルート(東京都千代田区)が提供する転職支援サービス「リクルートエージェント」が2023年1月26日に発表した「2022年10~12月期 転職時の賃金変動状況」がそれだ。

   転職後に1割以上賃金が上がった人の割合が、過去最高の水準だというのだ。いったい、どういうわけで?

  • よし、転職先でバリバリ頑張るわ(写真はイメージ)
    よし、転職先でバリバリ頑張るわ(写真はイメージ)
  • よし、転職先でバリバリ頑張るわ(写真はイメージ)

転職で給与1割以上あがったIT系エンジニア、約4割

   リクルートエージェントは、毎年、転職時の賃金変動状況を調査しているが、その際、転職後に明らかに収入が増えた人に重点を置いているのが特徴だ。具体的には、「前職と比べ賃金が明確に(=1割以上)増加した転職者の割合」を調べる。算出する数式を表すと【図表1】になる。

kaisha_20230222184313.png
(図表1)算出式(リクルートの作成)

   昨年(2022年)10~12月期をみると、全体では、「前職と比べ賃金が1割以上増加した転職決定者の割合」は、四半期推移で約3割の33.4%となり、2012年の調査開始以来、最高の水準となった【図表2】。新型コロナの感染が拡大し始めた2020年10~12月期には26.4%に落ち込んだが、その後どんどん増加し、転職が有利になっていることがわかる。

kaisha_20230222184332.png
(図表2)全体の状況(リクルートの作成)

   職種別にみると、IT系エンジニアの伸びが著しい。2022年10~12月期は4割近い39.7%に達した。新型コロナ感染が始まった2019年ごろからやや減速感が見られていたが、2021年は上昇基調に戻り、IT業界の世界的な再開を背景に、過去最高水準の「転職ドキ」となった【図表3】。

kaisha_20230222184351.png
(図表3)IT系エンジニアの状況(リクルートの作成)

   機械・電気・化学エンジニアは、2022年10~12月期は28.9%だった。2019年以降、下落基調が続いていたが、2020年10~12月期を底に反発。以降は上昇傾向に戻っている。新型コロナが落ち着き、製造業が復活傾向にあることが大きい【図表4】。

kaisha_20230222184412.png
(図表4)機械・電気・化学エンジニアの状況(リクルートの作成)
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中