2024年 5月 30日 (木)

みんなが「お金」の勉強をしたい理由は?...やっぱり、将来が不安で 働き世代は「投資の知識」に興味アリ!

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   2022年度から高校教育で必修化した「金融教育」。10代から70代までの男女の間でも金融を勉強したいという興味・関心は高まってきている。

   そんななか、LINEリサーチでは、全国の男女を対象に、金融について勉強をしたことがある人の割合や勉強手段などについて調査。2023年3月2日、その調査結果を発表した。

   それによると、やはり「将来のお金の不安」から、金融について学びたい意欲は高いようだ。

   世代別では、30代以上では節税対策や投資の基本への関心が高く、一方で10代20代が勉強する理由は「将来のためにリテラシーを高めたい」が目立つなど、実態が明らかになった。

  • 新年度からお金の勉強はじめませんか?(写真はイメージです)
    新年度からお金の勉強はじめませんか?(写真はイメージです)
  • 新年度からお金の勉強はじめませんか?(写真はイメージです)

勉強したい人は52%...だが、ハードルは「情報が多すぎて、何が正しいかわからない」!

出展:LINEリサーチ
出展:LINEリサーチ

   まず、問1では家計管理、生活設計、資産運用、保険やローンの仕組みなどの金融について勉強をしたことがあるかを聞いた。

   それによると、「いま、している」は全体の「13%」と少なかった。「以前していたが、いまはしていない」の「20%」と合わせても、「勉強経験あり」は「33%」だから、「勉強経験のなし」の「67%」と大きく差がある。

   ちなみに、男女別の傾向を見ると、「いま、している」「以前していたが、いまはしていない」が男性では「41%」。女性は合わせて「26%」となり、女性のほうがより低い傾向となった。

出典:LINEリサーチ
出典:LINEリサーチ

   続く問2では「金融について勉強したいと思いますか?」と質問。全体では、「とてもそう思う」が「19%」と、「ややそう思う」の「33%」と合わせると、「勉強をしたいと思う」人は半数を超えることが分かった。男女の分布でも大きな差はなく、男女ともに金融教育に興味があるようだ。

   また、年代別で見ると、特に20代、30代といった若い年齢層の割合が高いのが特徴だ。どちらの世代も25%程度となり、年齢層が高くなるごとに「どちらともいえない」の割合が高くなる傾向がみられる。

出典:LINEリサーチ
出典:LINEリサーチ

   次の問3では「金融の勉強を始める・続ける際のハードル/困りごと」について調べた。全体では「情報が多すぎて何が正しいか/何を信じていいかわからない」がトップとなり(男性=31.1%/女性=39.9%)、次いで「何から始めていいかわからない」(男性=24.5%/女性=39.9%)という点が始める人の大きなハードルとなっている。

   男女ともにトップの理由は「情報が多すぎて何が正しいか/何を信じていいかわからない」で、「何から始めていいかわからない」は男女ともにトップ2だが、男性に比べて女性は10ポイント高いことが見てわかる。とくに、女性では、3位に「勉強の仕方が分からない」(30.7%)があり、傾向としては女性のほうが男性よりも不安感を抱えやすいのかもしれない。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中