2024年 5月 27日 (月)

我が家の猫に一生かかるお金、合計264万円って高い?安い? 3000人の飼い主調査で判明...「幸せというお金では買えないもの、もらってるニャン」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   「猫っ可愛がり」という言葉は、母猫が子猫を溺愛して甘やかす様子から生まれたそうだが、いまや、ニャンにメロメロな人間を指す言葉になった。

   しかし、「かわいい」だけではなく「お金がかかる」という現実も忘れてはいけない。生涯、一緒に暮らすと、けっこうな出費になる。

   そんななか、保険代理店業務の「R&C」(東京都港区)が運営するファイナンス情報サイト「R&Cマガジン」が2023年2月20日、「猫の一生にかかるお金はいくら? 食費や医療費など生涯にかかる飼育費用を3000人調査」を発表した。

   それによると、猫の一生にかかる費用は約264万円だという。これって高い?安い?

  • 仲良し
    仲良し
  • 仲良し

猫の食費、毎月1万円以上もかけるのは...?

   「R&Cマガジン」の調査は、猫を飼っている3000人にアンケートを行ない、食費や雑費、医療費など、ひと月単位でかかるさまざまな費用を聞いている。

   猫の一生でかかる費用を計算するあたり、猫の平均寿命を15.62歳とした。これは、一般社団法人ペットフード協会が発表した「2022年全国犬猫飼育実態調査」の数字をもとにしている。

   その結果、子猫の時から老猫を看取るまで、猫の一生にかかる費用の合計の平均は264万6956円とわかった【図表1】。

kaisha_20230314193218.png
(図表1)猫の一生でかかるお金(R&Cマガジンの作成)

   まず基本となるのが食事、トイレ周り、消耗品の費用など「日常的にかかるお金」だ。最も高額なのが食事代で、主食・おやつはひと月3515円。一生になると64万4885円かかる。毎月の食費に注目すると、1001~3500円の範囲内に半数が集中するが、5000円以上という人も約20%いる。

   1万円以上という人が3.5%いるが、これは毎日ビフテキを食べさせているわけではないだろう。老猫が特定の病気にかかったりすると、療法食が必要になる。5000円以上の猫には、そういった事情があるのかもしれない。

   猫砂、消臭トイレシート、排泄物を入れる袋などトイレ周りの費用も日常的にかかる。ひと月1970円。約60%が2000円以内に収めている。とはいえ、一生で考えると36万936円もかかるから、馬鹿にできない額だ。猫砂は猫によって好みが分かれやすく、お気に入りの猫砂でしか排泄してくれないケースが少なくない。安い猫砂を気に入ってくれることを祈りたいものだ。

   爪とぎ、シャンプー、おもちゃなどの消耗品は、ひと月1239円。一生だと22万4627円。ひと月1000円以内におさめる人が60%近くを占める。しかし、4000円以上も10%近くおり、いったい何を買ってあげているのだろうか。

   以上、これら「日常的にかかるお金」を合計すると、ひと月6724円、一生になると123万448円にもなる【図表1】

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中