2024年 5月 30日 (木)

「ペッパーミル精神」で勝利に貢献! 「時の人」ヌートバー選手、米メディアは「2023年シーズンのイチオシ」と予測(井津川倫子)

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   日本中を興奮と感動に包んでいるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。一躍ヒーローに躍り出たのが、日系選手としては初の侍ジャパン入りを果たしたラーズ・ヌートバー選手です。

   闘士あふれるスーパープレーでスタンドを沸かす一方で、地元カージナルスから持ち込んだ「ペッパーミル・パフォーマンス」が話題になっています。この活躍を、米メディアも「ヌートバーがWBCの主役だ!」と大絶賛。1年前は無名選手だったヌートバー選手ですが、数か月前から「開花」を予測していた専門家もいたようです。

  • 盛り上がるWBC。キーマンはヌートバー選手?(写真はイメージ)
    盛り上がるWBC。キーマンはヌートバー選手?(写真はイメージ)
  • 盛り上がるWBC。キーマンはヌートバー選手?(写真はイメージ)

「努力は報われた!」 コロナ禍では「肉体労働」のバイトも

   WBCが始まるまで、ヌートバー選手のことをどれほどの人が知っていたでしょうか? 初の日系選手として第5回WBC日本代表のメンバー入りを果たしたヌートバー選手は、米大リーグのセントルイス・カージナルスに所属する外野手で、アメリカ人の父親と日本人の母親の間に生まれました。

   2022年にメジャーデビューする前はマイナーリーグでプレーしていましたが、コロナ禍でマイナーリーグの試合が中止になった時は、航空会社で「a manual labor job」(肉体労働)のアルバイトをしていた「苦労人」だそうです。

   米国の専門家は、メジャーデビュー前のつらい経験があったからこそ、ヌートバー選手が「keep working and to stay grounded」(常に努力を続けて、地に足がついた)選手に成長したと分析していました。

   そんな「苦労人」ヌートバー選手の活躍を、各国メディアが興奮気味に伝えています。

Lars Nootbaar became a sensation for Japan in WBC
(ラーズ・ヌートバー選手が、日本のWBCで時の人になった:米CBSテレビ)
sensation : 時の人、花形

Lars Nootbaar brings 'grind-it-out spirit' to Japan and WBC
(ラーズ・ヌートバー選手が、「やり抜く」精神を日本とWBCにもたらした:AP通信)
grind it out:やりたくない仕事をやりぬく

   「grind-it-out spirt」は、ヌートバー選手の「ペッパーミル・パフォーマンス」のことを指しています。「grind」の語源は臼で挽くという意味で、「身を粉にして働く」「やりたくない仕事をやる」といった文脈で使われます。

   ポイントは、やりたくない仕事をイヤイヤするのではなく、「目標に向けて努力し続ける」という、前向きなニュアンスを含んでいるということ。まさに、ハッスルプレーを連発しているヌートバー選手にピッタリの表現ではないでしょうか。

   ヌートバー選手が所属するカージナルスは、他球団と比べて、派手なパフォーマンスよりも守備や走塁といった地味なプレーを強調する傾向があるそうです。「つらく地味な仕事でも、続けていれば勝利につながる」という精神を、世界中に「輸出した」ヌートバー選手。勝ち負けだけでは測れない、スポーツが持つ力を体現して、ファンの心をわしづかみにしています。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中