2024年 6月 16日 (日)

【2024年卒就活生】東大・京大・早慶・MARCH・関関同立の就職注目企業一覧! コンサル人気、商社凋落...キーワードは「20代の成長環境がいい会社」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   2024年卒学生向けの就活シーズンが本格化した。新卒採用予定数を増やす企業が前年に比べ約3割増加するなど、就活生にとって、かつてない「売り手市場」だ。学生たちはどんな企業に注目しているのか。

   そんななか、就職・転職のジョブマーケット・プラットフォーム「OpenWork」を運営するオープンワーク(東京都渋谷区)が、いわゆる上位校とされる13大学の「2024卒就活生が選ぶ、就職注目企業ランキング【大学別編】」を、2023年3月16日に発表した。

   東京大学と京都大学、早稲田大学と慶應義塾大学、そしてMARCH(明治大学・青山学院大学・立教大学・中央大学・法政大学)と関関同立(関西大学・関西学院大学・同志社大学・立命館大学)の13大学だ。

   合計の約3万人の学生が選んだベスト20位の企業から見えてくるものは――。

  • 2024年卒就活生、人気企業は?
    2024年卒就活生、人気企業は?
  • 2024年卒就活生、人気企業は?

総合上位は、若手に任せて大きく成長させてくれる企業

   「OpenWork」は、主に社会人の会員ユーザーが自分の勤務している企業や官庁などのクチコミ情報を投稿する国内最大規模の口コミサイト。社会人のほか、口コミを通じて生々しい企業の就職情報を得ようとする学生ユーザーも多く登録している。会員数は約540万人(2023年2月時点)という。

   OpenWorkでは、企業の評価を「待遇面の満足度」「社員の士気」「風通しの良さ」「社員の相互尊重」「20代成長環境」「人材の長期育成」「法令順守意識」「人事評価の適正感」の8つの指標を5段階で評価している。

   今回の調査は、すでに登録している2024年卒業予定の13大学の学生ユーザー3万1197人が、どの企業に注目して口コミ情報を調べたか、検索件数をもとに調査した。「検索件数が多い企業ほど注目度が高い」と評価したわけだ。

kaisha_20230322144252.jpg
若手が大きく飛躍する企業に注目(写真はイメージ)

【総合】

   まず、全体としての「総合」を見ると、1位は外資系コンサルト会社のアクセンチュアだ。以下、2位にITと人材に特化したメディアのレバレジーズ、3位にNTTグループ一員で情報サービス大手のNTTデータ、4位に総合不動産大手のオープンワーク、5位に自動制御機器開発・販売のキーエンス。

   6位にコンサルトの野村総合研究所、7位にインターネットメディア・広告のサイバーエージェント、8位にソフトウェア開発のSky、9位に総合エレクトロニクスメーカーの富士通、10位に電機メーカーの日立製作所という結果になった【図表1】。

   ひと昔前は、総合商社が上位に並んだものだが、ベスト20に1社も入っていないことが目につく。年功序列型の代表というイメージが影響しているようだ。

   これら上位企業の共通点として、「20代成長環境」への社員からの評価が高いことがあげられる。(上位5社中4社が『20代成長環境』の社員評価スコアが5点満点で4.5超)。企業の採用サイトをのぞいても、「早期から裁量権が与えられる」「20代のうちにリーダー職になる人が多い」といった発信が目立つ。

   背景には、「転職前提の就職活動」というZ世代のキャリア観に加え、企業側も「ジョブ型雇用」を推進するなど、学生と企業双方に入社早々にスキルを高めたいというニーズがあることが考えられる。

   また、最近では「ゆるい職場」(仕事に厳しさがなく、やりがいや成長の機会に乏しい職場)や「クワイエット・クィッティング」(静かな退職)がキーワードになるなど、若手の裁量権の大きさに注目が集まっている。

kaisha_20230322144316.png
(図表1)24年卒【総合】就職注目企業ランキング(OpenWorkの作成)
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中