2024年 5月 29日 (水)

Z世代、実は「スキルアップ」に意欲満々だった! 7割以上が取り組み中、身につけたいのはPC&ITスキル...上司・先輩のみなさま、ご指導のほどを!

   何かと「自分らしさ」を主張するとか、「仕事とプライベート」をキッチリ分けると受け取られがちなZ世代の若者。

   ところが意外にも、男女ともに「スキルアップに意欲満々」だったことがマーケティングリサーチの「アスマーク」(東京都渋谷区)が2023年2月7日に発表した「自主調査『世代別スキルアップへの取り組み』実態」でわかった。

   上司・先輩のあなた、Z世代の部下・後輩のスキルアップ意欲を大いに伸ばしして、職場の頼もしい「戦力」にする参考にしてはいかが?

  • Z世代の若者、スキルアップの意欲高かった!(写真はイメージ)
    Z世代の若者、スキルアップの意欲高かった!(写真はイメージ)
  • Z世代の若者、スキルアップの意欲高かった!(写真はイメージ)

Z世代は「副業」と「有志のプロジェクト参加」が大好き

   アスマークの調査は、22歳から56歳までの正社員の男女、合計1200人が対象。それぞれ男女100人(計200人)ずつを次の3世代に分けて分析した。

   (1)Z世代(22歳~27歳)=デジタルネイティブ。幼いころからスマホやSNSに触れ合ってきた世代。

   (2)Y世代(28歳~41歳)=ミレニアル(新千年紀)世代ともいわれ、2000年代に入って成人を迎えた。バブル崩壊前後に生まれ、IT機器の拡大とともに育ってきた世代。

   (3)X世代(42歳~56歳)=ポスト団塊ジュニア(42歳~47歳)、団塊ジュニア(48歳~51歳)、バブル世代(52歳~56歳)の3世代を含む。バブル崩壊頃から就職氷河期時代にかけて成人を迎えた世代。

Z世代が一番身につけたいのはPC・ITスキル(写真はイメージ)
Z世代が一番身につけたいのはPC・ITスキル(写真はイメージ)

   調査ではまず、Z世代のスキルアップへの取り組み意識を探るために、Y世代、X世代と同じ質問を試みて比較した。「スキルアップのために何かしら取り組んでいることがあるか」と聞いたのだ(複数回答可)。

   どの世代もトップ3は、1位「インターネットでの情報収集」、2位「資格取得」、3位「ビジネス書やスキル向上につながる本を読む」という結果となった。もっとも、いずれも、Z世代が取り組んでいる割合が一番高い。Z世代の7割以上がスキルアップのために何かしら取り組んでいることがわかった【図表1】。

(図表1)スキルアップのために何かに取り組んでいる人の割合(アスマークの作成)
(図表1)スキルアップのために何かに取り組んでいる人の割合(アスマークの作成)

   これは、「特に実施していることがない」と答えた人がY世代、X世代に4割以上いることを思うと、特筆すべきことだろう。また、Z世代には「副業をする」と「有志の仕事・プロジェクトに参加する」といった取り組みが、ほかの世代より多い傾向もみられる【再び図表1】。

   もしかしたら、まだ若くて独身者が多く、仕事以外に使える時間が多いということが関係しているのかもしれない。

   ところが、スキルアップの意欲と、実際に取り組んでいるかどうかの実践度を合わせて調査すると、興味深い結果が明らかになった。スキルアップへの積極性を、「意欲があるし、取り組みもある」から「意欲がないし、取り組みもない」までの4段階で答えてもらったのが【図表2】だ。

(図表2)スキルアップに取り組む「意欲」と「実践」の割合(アスマークの作成)
(図表2)スキルアップに取り組む「意欲」と「実践」の割合(アスマークの作成)

   これを見ると、男性Z世代は「意欲あり・取り組みあり」が67.0%と、他の世代に比べて、群を抜いて高い。女性Z世代も「意欲あり・取り組みあり」が46.0%と、女性の中ではほかの世代より高い。つまりZ世代は、ほかの世代より意欲と実践を兼ね備えているわけだ【再び図表2】。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中