2024年 3月 3日 (日)

最も燃費がいい乗用車ランキング!普通車トップ10はトヨタ勢が独占、では1位は?軽の1位は? 国交省が実験、あなたのクルマの燃費もわかる

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   現在、新車として販売されている乗用車で一番燃費のいいものはどれか? 国土交通省は2023年3月31日、「2022年末時点の自動車の燃費ランキング」を発表した。

   それによると、最も燃費のよい乗用車は、普通・小型自動車では「ヤリス」(トヨタ自動車)、軽自動車では「アルト」(スズキ)と「キャロル」(マツダ)となった。

   国土交通省では、すべての自動車の燃費データも公表しているから、あなたも自分のクルマをチェックしてはいかが?

  • 燃費も考えて乗ろう!(写真はイメージ)
    燃費も考えて乗ろう!(写真はイメージ)
  • 燃費も考えて乗ろう!(写真はイメージ)

普通車トップ「ヤリス」は、人気車「ヴィッツ」の進化タイプ

   国土交通省では、ユーザーの省エネルギーへの関心を高め、燃費性能の優れた自動車の開発・普及を促進するため、2004年から毎年、自動車の燃費性能を評価した「自動車燃費一覧」を公表。特に燃費のよい乗用車を上位10位までランキングして発表している。

   ランキングでは長い間、日本独自の試験方法で測定した燃費の値が使われていたが、2017年から試験方法が国際的な基準と同じ「WLTCモード」に変更され、海外の乗用車と燃費の値が比較しやすくなった。また、より実燃費に近い数値になったとユーザーの間で評価されている。

   今回、燃費トップ10にはランクインした車種は――。

   「普通・小型自動車部門」に1位に輝いたのは、トヨタ「ヤリス」で、燃費は36.0km/L。「ヤリス」はもともと日本市場では「ヴィッツ」の名で親しまれて爆発的にヒットしたコンパクトカーだが、2020年にフルモデルチェンジしたのを機に世界市場共通の「ヤリス」に車名を変えた。

   同時に、エンジンやハイブリッドシステムなどを刷新、部品の小型化を進めて超低燃費を実現した。2位以下にも「アクア」「プリウス」「カローラ」「シエンタ」がランクインするなど、トヨタはベスト10位中、8車種を独占する勢いだ【図表1】。

(図表1)普通・小型自動車部門の燃費ベスト10位(国土交通省公式サイトより)
(図表1)普通・小型自動車部門の燃費ベスト10位(国土交通省公式サイトより)
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中