2024年 6月 16日 (日)

X世代の「お金の使い方」、Z世代とは微妙に違う結果に 「貯金・投資」にも意識の差

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   43歳から59歳までの「X世代」のライフスタイルや資産についての考えはほかの世代とどのように違うのだろうか?

   そんな疑問に答える調査結果をスマホゲームなどで展開するエイチーム(愛知県名古屋市)のグループであるエイチームライフデザインが2023年4月7日発表した。

   同社では、暮らしの「まよい」を解決する情報メディア「イーデス」を通じて、18歳から26歳の「Z世代」と43歳から59歳のX世代にお金に関する意識調査をおこなった。

   結果を見比べると、Z世代とX世代に共通する特徴として「自分の趣味や友人との楽しみにお金を使う」人が多い傾向があることがわかった。さらに、X世代の特徴として、貯金と同時に投資への関心が高く、目的は「老後資金」としている人が多い実態が明らかになった。

   調査を受けて専門家は

「(X世代は)お金を使う側面でも『(コスパもタイパも)どちらも意識しない』が25%とZ世代より高くなっており、これには『お金を楽しく使えればそれで良い』と言った発想があるのかもしれません。」

   と話すなど、世代ごとの価値観やライフスタイルが表れた結果になった。

  • 世代別のコスト意識や時間意識とは?(写真はイメージです)
    世代別のコスト意識や時間意識とは?(写真はイメージです)
  • 世代別のコスト意識や時間意識とは?(写真はイメージです)

世代別の趣味や楽しみへのコスパ・タイパ意識はどのくらい?

   はじめにZ世代やX世代のという名前について説明しよう。

   Z世代は1990年代後半から2010年代に生まれた世代。現在の18歳から30代前半ごろを指している。若いころからインターネットやスマホやタブレットにふれ、デジタルネイティブとして成長してきている。

   傾向として、コスパ(コストパフォーマンス)やタイパ(タイムパフォーマンス)などを意識する人が多く、映画の倍速視聴やアニメの「ながら見」をする人も多いという。

   一方で、X世代は1965年あたりから1980年代前半にかけて生まれた世代。2023年現在では40歳ごろから60歳ごろにあたり、日本の団塊ジュニアを含む広い年代である。黎明期のパソコン通信に通じている人や、固定電話や公衆電話といったアナログ機器を使いこなして青春時代を過ごしてきた。

   また、現在は家庭を持っている人も多く、家庭や仕事の両立で忙しく、自由になる時間が限られている傾向がある。

   なお、この中間にはY世代(ミレニアル世代)という世代もおり、1980年ごろから1990年前半に生まれた世代である。

   この調査はZ世代に対して2023年3月6日に、X世代に対しては3月3日に調査した。対象は18歳から59歳までの男女。Z世代が518人、X世代は489人をインターネットを通じて調べた。

(エイチームライフデザイン/イーデス調べ)
(エイチームライフデザイン/イーデス調べ)

   はじめの質問では、Z世代やX世代がどんなことにお金を使いたいのか聞いた。Z世代の上位は「旅行・観光」(48%)、「ファッション」(45%)、「外食」(41%)、「友人との交際費」(36%)、「美容」(35%)という結果がでた。

   X世代では、「旅行・観光」(59%)、「外食」(47%)、「ファッション」(30%)、「友人との交際費」(27%)、「投資」(27%)、「映画/映画鑑賞」(26%)が上位となった。

   どちらの世代でも旅行やファッション、外食、交際費という自分と友人の楽しみにお金を使っていることがわかった。

   また、X世代では「27%」が「投資」にお金を使いたいと考えているなど、資産形成に対する関心を寄せるという特徴的なデータになった。

(エイチームライフデザイン/イーデス調べ)
(エイチームライフデザイン/イーデス調べ)

   今度は逆に、それぞれの世代に「お金をかけなくても楽しめること」について聞いた。

   Z世代では「音楽鑑賞」(23%)、「ゲーム」(20%)、「友人との交際費」(19%)、「特にない」(19%)、「漫画・読書」(16%)が上位となった。

   また、X世代では「特にない」(27%)、「音楽鑑賞」(23%)、「漫画・読書」(17%)、「スポーツ」(17%)、「ゲーム」(15%)がトップ5を占めるという結果がでた。

   音楽鑑賞やゲーム、漫画・読書は低価格でもできるという認識では一致しているようだが、友人との交際費にお金をかけるかどうかという点で世代によってわかれた。

   どうやら、X世代の方が、人付き合いにお金を使うという認識があるようにみえる。

(エイチームライフデザイン/イーデス調べ)
(エイチームライフデザイン/イーデス調べ)

   続いての質問は「趣味に対してタイパ(タイムパフォーマンス)やコスパ(コストパフォーマンス)を意識しますか?」と問いかけた。

   Z世代では、「コスパを意識する」(30%)、「どちらも意識する(22%)」、「タイパを意識する」(14%)の順で多く、合計値は「66%」が時間や費用の効果を考えることが高いようだ。

   他方、X世代では「コスパを意識する」(27%)、「どちらも意識する」(27%)、「タイパを意識する」(3%)と合計値は「57%」となった一方で、「どちらも意識しない」(25%)という結果になった。

   仕事と家庭の両立で時間に追われたライフスタイルである一方、趣味に対してはゆったりと時間を使う生活スタイルのようにみえる。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中