2024年 5月 30日 (木)

1人が1年間に出す「プラごみ」量は約32キログラム! 日本科学未来館「どうする!?プラごみ」展で学ぼう! 科学コミュニケーター・平井元康さんにも聞いた

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   日本科学未来館(浅川智恵子館長)のシリーズ企画「Miraican NOW」の「どうする!?プラごみ」の展示が話題となっている。

   この展示は世界的に関心の高まるプラスチックごみ問題の解決に向けた対策を、オブジェやパネル展示、ワークシートなどを使って来館者と科学コミュニケーターと一緒に探っていくもの。

   案内してくれた科学コミュニケーターの平井元康さんは「展示を通じて、決してプラスチックを悪者にするのではなく、一つではない答えをみんなで一緒に探していくきっかけにしてほしい」と呼び掛けている。

   企画展示は8月31日まで。3階の地球ディスプレイ「ジオ・コスモス」前のフロアで行っている。

  • 1人が一年間に出すプラごみを集めたオブジェ
    1人が一年間に出すプラごみを集めたオブジェ
  • 1人が一年間に出すプラごみを集めたオブジェ

見どころは1年分の「プラごみ」32キロを集めたオブジェ!

   日本科学未来館のシリーズ企画「Miraican NOW」の第4弾が、「どうする!? プラごみ」展だ。同館では、未来を考えるテーマとして「Life(ライフ)」「Society(ソサイエティ)」「Earth(アース)」「Frontier(フロンティア)」の4つを主題とした企画を行っている。

   今回は「Earth(アース)」をテーマとした企画。海洋汚染などの問題が大きな注目を集めている「プラスチックごみ問題」をモチーフにしたオブジェを制作し、プラごみ問題に取り組む企業・団体へのインタビューをもとに、パネル展示を並べている。

   プラスチックは、軽さや丈夫さ、加工のしやすさから私たちの生活を支える素材だ。しかし、廃棄された大量のプラスチックが処理されず、海や川に流れ出て生き物や生態系に悪影響を及ぼしている。また、マイクロプラスチックや添加剤は、食物連鎖を通じて人体にも入り込む可能性につながるなど、私たちへの健康被害も懸念されている。このため、世界的にさまざまな対策が進められている。

   このようななか、今回の企画展示では、プラスチックごみ問題の現状を視覚的・理論的に理解してもらい、来館者と解決策を探っていく。

   地球ディスプレイ「ジオ・コスモス」前の会場には、スタッフが持ち寄ったペットボトルや食品トレイなどを集めてつくった、人が一年間に出すプラスチックごみ32キロを集めたオブジェを設置。

企業・団体それぞれの取組を紹介
企業・団体それぞれの取組を紹介

   パネル展示では、プラスチックごみ問題を扱う企業や団体の取り組みを5つほど紹介している。

   その一つとして、株式会社JEPLAN(神奈川県川崎市)が行う、衣服の回収と再資源化の取り組みは注目を集めていた。

   同社は全国各地に置いたポストを通じて衣料品を細かく分解し、溶かして原料にまで戻し、新しい服にリサイクルする事業を行っている。

   同社の岩元美智彦社長はパネルでのコメントとして「こうした仕組みを通して大事に服を着たり、古着を買ったりするなど、服との付き合い方を考えてほしい」と呼び掛けていた。

   さらに、各社・団体のパネルには、付箋を使って、いろんなアイデアを投稿できるようになっていた。このうちJEPLANのパネルでは「あなたが循環させたいものは何ですか?」と問いかけていた。

   これに対して、子どもたちが貼ったアイデアをみると、「テニスが好きだから、すぐダメになってしまうテニスボールが循環するといい」や「絵本を読むのが好きだから、いらなくなった絵本を友達にあげたり、回収してくれる人に渡したりしたい」など、ユニークな意見が寄せられていた。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中