2024年 3月 2日 (土)

「ChatGPTに仕事を奪われる?」論議のなか、フリーランスの過半数「自分の仕事に良い影響」「自己成長とキャリア拡大に役立つ」4人に1人が活用中!

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「AI(人工知能)に仕事を奪われる?」などの論議が沸騰するなか、フリーランスの多くは対話型AI「ChatGPT」(チャットGPT)などのAIの進歩を前向きにとらえていることがわかった。

   フリーランス向け金融支援の「GMOクリエイターズネットワーク」(東京都渋谷区)が2023年4月24日、「フリーランスを対象にAIに関するイメージや利用状況についての調査」を発表したが、過半数の約56%が「AIの進歩は自分の仕事に良い影響を及ぼすと思う」と回答した。

  • パソコンで作業をするフリーランスの女性(写真はイメージ)
    パソコンで作業をするフリーランスの女性(写真はイメージ)
  • パソコンで作業をするフリーランスの女性(写真はイメージ)

「自分にはないアイディアを得ることができる」

   GMOクリエイターズネットワークの調査は、自社が運営するフリーランスに特化した金融支援サービス「FREENANCE(フリーナンス)byGMO」に登録するユーザー633人が対象だ。

   まず、「ChatGPT」をはじめとしたAIの急速な進化が注目されるなかで、「AIの進歩が自身の仕事へどのような影響をおよぼすと思うか」を聞くと、「良い影響をおよぼすと思う」(56.1%)が半数を超えた。次いで「わからない」(31.4%)、「良くない影響をおよぼすと思う」(12.5%)と続いた【図表1】。

(図表1)AIの進歩は自分の仕事にどんな影響を及ぼすか?(FREENANCE byGMO調べ)
(図表1)AIの進歩は自分の仕事にどんな影響を及ぼすか?(FREENANCE byGMO調べ)

   「良い影響をおよぼすと思う」と回答した人に、「具体的にどんな影響を期待するのか」を聞くと(複数回答可)、「仕事をする時間が減る(業務効率化ができる)(73.0%)がトップで、次いで「新しいジャンルの仕事にチャレンジできる」(50.4%)、「自分にはないアイディアを得ることができる」(48.7%)、「仕事のミスが減る」(35.8%)などの意見が続いた【図表2】。

(図表2)具体的にはどのような良い影響か?(FREENANCE byGMO調べ)
(図表2)具体的にはどのような良い影響か?(FREENANCE byGMO調べ)

   AIの活用による自己成長とキャリア拡大、さらに人間よりもはるかにミスが少ないAIの能力への期待が大きいことがわかる。

   一方で、AIが「良くない影響をおよぼす」と感じている人は8人に1人(12.5%)にとどまったが、具体的にはどんな影響を心配しているのだろうか。 調査結果によると、「AIに仕事を奪われて、仕事の量や収入がダウンする」(65.8%)が圧倒的に多く、「AIを導入することで、情報漏洩などのリスク管理が必要になる」(27.8%)、「AIを導入するための勉強が必要になる」(26.6%)といった懸念も目立った【図表3】。

(図表3)具体的にはどのような良くない影響か?(FREENANCE byGMO調べ)
(図表3)具体的にはどのような良くない影響か?(FREENANCE byGMO調べ)
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中