2024年 5月 27日 (月)

話題沸騰、ショート動画はどこが人気? 3位TikTok、2位インスタリール、では1位は? 動画アプリで商品購入、男性のほうが女性より多いワケ

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   スマホに触っているうちに、ついつい見てしまうショート動画。見終わったらすぐに次の動画が再生されるため、やめられない人もいるのでは...。

   そんなショート動画はどこのサービスが人気なのか。モバイル専門の市場調査会社「MMD研究所」(東京都港区)が2023年4月25日、「ショート動画とコマースに関する調査」を発表した。

   ショート動画を見て商品を購入している人が3割以上に達し、女性よりも男性の利用者が多いことが分かった。

  • つい楽しくて見てしまうショート動画(写真はイメージ)
    つい楽しくて見てしまうショート動画(写真はイメージ)
  • つい楽しくて見てしまうショート動画(写真はイメージ)

マスク氏や豊田章男氏も使いこなす

   ショート動画とは、60秒以下の短い動画のこと。一般の人でも15秒~30秒といった短時間の動画を作ることができるため、気軽に投稿やシェアが可能になった。最近、ビジネス分野でも注目を集めており、企業やブランドが商品やサービスをアピールするために利用している。

   世界的な起業家イーロン・マスク氏や、豊田章男・トヨタ自動車会長らが使いこなしていることでも知られる。一方、短時間で情報収集ができるため、データ漏洩を不安視して、米国政府が中国に本社がある動画投稿アプリ「TikTok」(ティックトック)の規制に乗り出したことでも話題を集めている。

   MMD研究所の調査は18~69歳の男女7000人が対象だ。まず、ショート動画を利用しているかどうか、また、どのサービスを利用しているかどうかを聞いた。

   すると、「視聴のみしている」「投稿のみしている」「視聴も投稿もしている」の3つを合わせて利用者が最も多かったのは「YouTube ショート」(41.5%)で、次いで「Instagram Reels(インスタグラムリール)」(26.0%)、「TikTok」(ティックトック)(23.4%)、「LINE VOOM(ラインブーム)」(11.7%)、「Likee(ライキー)」(8.6%)の順となった【図表1】。

(図表1)ショート動画の利用状況(MMD研究所の作成)
(図表1)ショート動画の利用状況(MMD研究所の作成)

   ショート動画を利用している人に、いつ視聴しているかを聞くと(複数回答可)、「夜寝る前」(48.4%)が最も多かった。次いで「休憩時間」(44.7%)、「休日」(34.6%)、「家事育児の合間」(21.3%)、「通勤・通学」(11.4%)などが上位に並んだ【図表2】。ちょっとした自由時間、すきま時間の楽しみとして見ている人が多いようだ。

(図表2)ショート動画を見るタイミング(MMD研究所の作成)
(図表2)ショート動画を見るタイミング(MMD研究所の作成)
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中