2024年 4月 23日 (火)

自分の会社で不正、あなたはどうする! 調査で判明、全従業員の14%が不正に関与・目撃、半数以上が告発 でも、泥をかぶるのは部課長...社長は?

   毎日のようにニュースで取りあげられる企業の不正や不祥事。自分の会社で不正があったら、あなたはどうする?

   そんななか、人材総合サービスの「パーソル総合研究所」(東京都港区)が2023年4月28日、「企業の不正・不祥事の実態と防止・改善策に関する調査」を発表した。

   4万6000人の調査でわかったのは、約14%の人が不正に関与・目撃した経験があること。会社の「悪」を前にどう行動したか。あなたも参考にしてはいかが。

  • 不正は許さん!(写真はイメージ)
    不正は許さん!(写真はイメージ)
  • 不正は許さん!(写真はイメージ)

働く人の7人に1人が、会社の不正に関与・目撃

   この調査は、パーソル総合研究所が同時に発表した全97ページにもおよぶ報告書「企業の不正・不祥事に関する定量調査」のエッセンスを7ページにまとめたものだ。

   調査は、全国の20歳~69歳の就業する男女4万6465人が対象だ。まず、「会社の不正に関与したり、見聞きしたりしたことがあるか」を聞くと、「関与あり・目撃あり」(5.3%)、「関与あり・目撃なし」(0.7%)、「関与なし・目撃あり」(7.5%)を合わせ、全体の13.5%が関与・目撃した経験があると答えた【図表1】。

kaisha_20230515180552.png
(図表1)不正の関与・目撃率(パーソル総合研究所の作成)

   働く人全体の約7人に1人が、直接、間接を問わず、会社の不正に「関わっていた」わけだ。

   具体的には、どんな不正に関与・目撃した経験があるのか。フリーコメントからみると――。

   最も多かったのは「労務管理上の問題」だ。こんな事例があった。

「日常的なサービス労働が当たり前になっている。実際にはシフト上の時間数より多く働いているのに、その分はただ働きである。シフト上の出勤時間では開店前の準備が間に合わないため、自発的にシフトより1時間以上早く出勤し作業をしている。開店時間は待ってくれないため、シフト通りに出勤してもし間に合わなければ、結局は自分たちの首を絞めることになる。自発的にサービス労働をせざるを得ない状況である」(50代女性、飲食店、関与者)
「医師によるコメディカル(医師を除く医療従事者の総称)へのパワハラ。医師は病院内では何をしても許されるという暗黙の了解を生んでしまっているため、公にされない。上司等へ報告しても医師の機嫌をとるように言われるだけで何も改善がない」(30代男性、医療・福祉業、目撃者)
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中