2024年 4月 14日 (日)

育休復帰後、出世コースを外れてしまった...「マミートラック」に負けず、子育てと両立して働くには?(入澤あきこ)

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   この春に、育休から職場復帰したママも多いと思います。

   最初のうちは、お子さんの急な体調不良などで、気持ちも仕事も落ち着かない日々かもしれませんね。仕事が終わっても、お迎え、食事の準備から片付け、お風呂に、寝かしつけて...という育児と家事を同時にこなす生活も本当に大変ですよね。

   こんにちは。「子育てしながら働く女性のための研究所」所長の入澤あきこです。

   いきなりですが、「マミートラック」という言葉はご存じですか? 母親となった女性が、産休・育休から復帰した際、自分の意思とは無関係に出世コースから外れて昇進や昇給の道が遠のいたり、閉ざされてしまったりする――そういったキャリアコースにのってしまうことを意味します。

   なかなか出産前と同じように働けない、子育てしながら働く女性たち。子育てしながら働く人とそうでない人をキャリアの面で比べれば、差がつくと言われると、その通りなのかもしれません。

   「マミートラック」に対しては、社会のあり方を変えたり、企業自身の努力が必要だったり、自分自身の働き方や周囲への向き合い方が問われたり、と多方面からアプローチで解決を目指していく問題だと思います。

   そこで当コラムでは、「子育てしながら働く女性のための研究所」所長として、私が子育て女性のさまざまな働き方をインタビューさせていただいた経験や私自身の経験から、個人としてすぐにできる「マミートラックに負けない働き方」をお伝えしていきたいと思います。

「この働き方で大丈夫かな?」悩むときほどチャンス!

   さて、私自身も、子育てと仕事の両立には、とても悩んできました。子育てが始まって10年以上経ちますが、この10年で、会社員、専業主婦、フリーランスという働き方を経験してきました。

   復帰して今疲れている方に、あえて言いたいのが、「この働き方で大丈夫かな?」と悩むときほど、チャンスです! 前向きで、ごめんなさい。でも、自分の環境が大きく変わった時に、心が不安定になるのは当たり前。自分の人生の良い転機と捉えて、自分のこれからの人生について考えていきましょう。

   私自身、会社員をしながら子育てしていた期間は短いのですが(のちに起業するからです)、ものすごく悩み、後から振り返れば大きな転機となりました。

   そこで最初にやったことは、「何がつらいのか?」を言葉にしていく作業でした。私にとってつらいのは、

・子どもと関わる時間が短い
・帰宅しても、やることが多くて子供にイライラしてしまう
・自分の時間が取れない
・週末は家事と用事で終わって、楽しめない

   などでした。

入澤有希子(いりさわ・あきこ)
入澤有希子(いりさわ・あきこ)
子育てしながら働く女性のための研究所所長
パーソナルスタイリスト

結婚後夫の転勤で、転勤族の妻として働き方に悩み、好きを仕事にパーソナルスタイリストとして独立。子育てが始まってからの引っ越しで、金なし・仕事なし・保育園なしを経験。会社員としても働くが、子育てとの両立に限界を感じ、100名以上の子育て女性にインタビューし、「子育てのために仕事を諦めなくてもいい方法」を出版。テレビにも専門家として出演。働き方の変え方として起業方法を伝えている。法政大卒。
ホームページ https://mamakenkyujo.com/
インスタグラム https://www.instagram.com/akirisawa1209/
著書に「子育てのために仕事を諦めなくてもいい方法」(Kindle版)他2冊。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中