2024年 6月 18日 (火)

就活生を食い物にするWebカウンセリングにご注意! 無料相談のつもりが高額セミナー代に...騙されないための5つの方法

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   「無料のWebカウンセリングのつもりが、50万円!」。2024年卒の就活戦線が追い込みにさしかかるなか、学生の不安と焦りに付け込み、高額のセミナー代をだまし取るトラブルが増えている。

   国民生活センターが2023年5月17日、「学生の就活の不安につけ込むトラブル-Web会議で無料カウンセリング等を受けるだけのつもりが高額契約に」という警告リポートを発表した。

   いったい、どんな手口なのか。人生の岐路で、余計な被害に遭わないためにも対応策を学ぼう。

  • Web会議の無料カウンセリングのつもりが…(写真はイメージ)
    Web会議の無料カウンセリングのつもりが…(写真はイメージ)
  • Web会議の無料カウンセリングのつもりが…(写真はイメージ)

Web会議中、不意打ち的に高額セミナーの契約を迫られる

   国民生活センターによると、就職活動中の学生の不安につけ込み、高額なセミナーやビジネススクールなどを契約させる被害は毎年増えており、2022年度は198件に達した【図表1】。

(図表1)就活トラブルの被害相談件数(国民生活センター調査)
(図表1)就活トラブルの被害相談件数(国民生活センター調査)

   被害金額も、一番多いのが50万円以上100万円未満(36.4%)で、次いで10万円以上50万円未満(30.8%)で、中には100万円以上(6.6%)のケースもある【図表2】。

(図表2)就活トラブルの被害額(国民生活センター調査)
(図表2)就活トラブルの被害額(国民生活センター調査)

   2020年頃までは、就活セミナー会場や就活関連事業者の事務所などで強引な勧誘を受けるケースが一般的だったが、最近はトラブルの傾向に変化が見られる。学生が就職活動にインターネットやSNSを使うケースが増えたため、Webの無料カウンセリングを舞台にしたトラブルが多くなった。

   Webの無料カウンセリングは、就活生自身がインターネット広告で見つけたり、SNSで知り合った人から紹介されたりとさまざまだが、Web会議中に不意打ち的に高額なセミナーなどの契約を迫られるのが特徴だ。

   こんな事例が代表的だ。

【事例1】Web会議で無料カウンセリングを受けたら、50万円の就活セミナーに入らされた

   就活に悩み、SNSで就活塾の広告を見てサイトに登録し、Web会議での無料カウンセリングを受けた。「自己分析や面接対策のセミナーを受ければ大手企業に100%内定する」と言われた。

   約50万円かかると言われたが、その場で判断するよう迫られ、考える余裕もなく勧められるまま申し込んだ。その後、「セミナーのオリエンテーションのために頭金2万円を支払うように」と言われ、振り込んだ。Web会議でのオリエンテーションでセミナーの説明を受け、電子の契約書面にサインをした。

   後日、友人に相談すると高額だと言われ、無料通話アプリで「高額で支払えないのでやめたい」と担当者に伝えると、「今やめるのはもったいない。みんな苦しくてもローンで支払っている」と説得され、解約に応じてもらえなかった。

   その後、担当者やローン会社からの電話に出ないでいると、無料通話アプリで「解約に応じる」と連絡が来た。しかし、解約料として契約金額の20%を請求され、納得できない。(2022年5月・20歳代男性)

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中