2024年 5月 25日 (土)

繊細な人が向いている仕事・職場とは? 500人調査で判明...向いてる仕事、3位データ入力、2位製造業...では1位は?

   世の中には「怒りっぽい・短気な人」「せっかちな人」「マイペースな人」などいろんな人がいるが、「繊細な人」にあっている仕事とはどんなものがあるだろうか?

   ビズヒッツ(三重県鈴鹿市)が2023年5月15日に発表した「繊細な人に向いている仕事ランキング」男女500人アンケート調査によると、向いている職業には事務職や製造業、倉庫軽作業、ライター・校正など環境に左右されずに没頭できる仕事が挙がった。

  • 繊細な人を迎える多様性ある職場とは?(写真はイメージです)
    繊細な人を迎える多様性ある職場とは?(写真はイメージです)
  • 繊細な人を迎える多様性ある職場とは?(写真はイメージです)

「共感力が高い人」「物事を深く考える」人は他者の感情に気を付けよう

   この調査は2023年3月12日から23日までの間、ご自身がHSP(繊細さん)だという自覚のある人500人(女性391人男性109人)から有効回答を得た。なお、回答者の年代は10代(0.6%)、20代(21.6%)、30代(42.4%)、40代(24.4%)、50代(9.0%)、60代以上(2.0%)となっている。

   HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)とは、生まれつき「非常に感受性が強く敏感な気質もった人」という意味で、HSPは環境や性格などの後天的なものではなく、先天的な気質とされる。

(ビズヒッツの作成)
(ビズヒッツの作成)

   はじめに、繊細な性格の人が職場でつらい時はどんなときかを聞いた。すると、1位は「職場の雰囲気が悪いとき」(30.0%)で最多だった。以下、「周囲の目が気になり考えすぎるとき」(21.2%)、「コミュニケーションが必要なとき」(10.2%)、「同僚と馴染めないとき」(8.8%)、「光・音・においが気になる」(8.0%)という順になった。

   1位の意見を見てみると、

誰かが怒鳴っていたり機嫌が悪かったりするとき、自分のせいでなくとも居心地の悪さを感じる(34歳・女性)
上司や同僚の機嫌が悪いときや、愚痴を聞く機会が多い職場はつらかったです(40歳・女性)
グループで仕事をする際、私以外の者が仕事の進め方で激しく衝突する場面に居るとつらいと感じる(56歳・男性)

   といった意見が上がっている。

   ビズヒッツでは

「上司・同僚との関わりによってつらさを感じているという回答が多くランクイン。『共感力の高さ』『物事を深く考える』など、HSPの特徴が反映されたランキングとなりました。
繊細で共感力が高い人は、他人の感情に影響されやすいといわれます。そのため自分が怒られているわけではないのに、怒られている同僚と同じように悲しんでしまうことも。 『雰囲気の悪い職場』や『ネガティブな感情を露骨に表現する人がいる職場』だと、疲労がたまりやすくなってしまうでしょう」

   と指摘している。

(ビズヒッツの作成)
(ビズヒッツの作成)

   つぎに、繊細な性格が原因となって職場で支障が出たことがあるかと尋ねたところ、77.2%の人が「ある」と回答した。支障の内容は「周りを気にしすぎて、仕事がうまく進められない」などがある。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中