2024年 6月 19日 (水)

あなたが思うブラック企業の特徴は?  3位「給料が低すぎる」、2位「残業代が出ない」...1位はやっぱり?

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「あなたが思うブラック企業の特徴を教えてください」――。

   Webメディア・マーケティング事業を展開するシフィット(東京都渋谷区)の運営する転職・就職に関する情報メディア「転職カモ」が、637人の男女に聞いたところ、第3位は「給料が低すぎる」、第2位は「残業代が出ない・割増賃金がない」、第1位は「過度な労働時間」「過重労働」だった。2023年6月15日に発表した。

   ブラック企業と思われる会社は、過度な労働時間や過重労働、著しく低い給与体系など、会社側の法令を遵守する意識の低さがあることがうかがえる。

   調査結果から、回答者の体験談をもとにした具体例とあわせて、ブラック企業の特徴をランキングしている。

「昼休みも取れずにデスクで食事をすることがほとんど」

   ブラック企業とは、労働者の労働条件や権利を無視し、過度な労働時間や過酷な労働環境を強いる企業のことを指す。

   従業員の健康や福祉を軽視しがちで、適切な労働条件や休息を提供せずに、利益追求を最優先とする姿勢を持っている傾向があり、労働基準法や労働契約法に違反する行為が頻繁に行われるのが特徴とされる。

   また、上下関係が強く、パワーハラスメントやいじめも横行することが多く、労働者の権利や人権が軽視されがちで、健全な労働環境が欠如している企業のことをいう。

   調査によると、「あなたが思うブラック企業の特徴を教えてください」(複数回答)との問いの第1位は、「長時間労働、拘束時間が長い、過重労働がある」だった。234人が、そう回答した。【図1参照】

kaisha_20230626160759.png
図1 第1位は「長時間労働、拘束時間が長い、過重労働がある」だった(シフィット調べ)

   回答者からは、

「人手が足りていないから、うまく仕事がまわらず長時間の残業などを上司から強いられる」(女性、35才~39才。製造業・生産管理)
「常に多忙で、昼休みも取れずにデスクで食事をすることがほとんどで、十分な休息を取る時間もなく...。もちろん毎日残業で帰るのは早くて23時過ぎ、終電というのもザラ。気が休まらずにしんどかったです」(男性、45才~49才。情報通信業・エンジニア)
「週末や休日にも残業を強制され、家族や友人との予定をキャンセルせざるを得ない時がままあった。仕事とプライベートのバランスなんてあったものではない」(男性、30才~34才。小売業・営業)
「毎日残業が4時間以上ある。周りもそれが当たり前だと思っている人が多い」(男性、25才~29才。広告業・営業)

   といった声が寄せられた。

   ブラック企業では、従業員は通常の労働時間を超えて残業を強いられ、休憩時間が不十分であったり、深夜労働や休日出勤が頻繁に要求されたりすることがある。

   なお、長時間の拘束や過重労働が起こる理由はさまざまだが、主だった理由としては、

(1)生産性や利益最大化の追求
(2)業務量の増加・業務効率の低下
(3)慢性的な人員不足やリソースの不適切な配分
(4)上司や管理職の不適切なマネジメント
(5)遅くまで仕事している人ほど評価される社風

   などがあげられる。

   これにより、社員は仕事に追われ、プライベートや休息の時間を犠牲にしなければならない状況になっているとみられる。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中