君たちはどう働くか?【2】 日本の高校生、「今の自分が好き」54.5%、「自分はダメな人間」78.6%...米中韓の比較で際立つ 「自分の国の未来は明るい」わずか32.0%(鷲尾香一)

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   自分の将来に不安を感じている日本の高校生は約8割――。国立青少年教育振興機構が2023年6月22日に公表した「高校生の進路と職業意識に関する調査」から、現在の高校生の考え方を取り上げる2回目は、自己に対する意識や生活、社会に対する意識について考察する。

米中韓と比較した調査 日本は「自分の将来は明るい」53.9%と低く、「自分の将来に不安」79.3%と高く...悲観的な結果に

   <君たちはどう働くか?【1】 日本の高校生、仕事は「生活のため」7割で突出 韓国は「生活」「楽しさ」同じくらい、米中は「やりがい」「楽しさ」多いのに(鷲尾香一)>の続きです。

   まず、自分自身をどのように思っているのかでは、「いまの生活には満足している」と回答した割合は日本の84.3%に対して、米国67.2%、中国76.1%、韓国77.7%と、4か国の中で日本が最も高い。

   しかし、「今の自分が好きだ」については、米国74.5%、中国70.9%、韓国67.8%に対して、日本は2018年の48.4%から増加してはいるものの、54.5%と4か国の中で最も低い。(グラフ1)

   これを裏付けるように、「自分はダメな人間だと思うことがある」では、米国60.5%、中国51.4%、韓国48.8%に対して、日本は2018年の80.8%から減少してはいるものの、78.6%と4か国の中で最も高くなっている。(グラフ2)

   将来に対しては、「自分の将来は明るい」との回答は、米国81.7%、中国64.0%、韓国62.1%に対し、日本は53.9%にとどまっている。その半面、「自分の将来に不安を感じている」は日本が79.3%と米国の61.8%、中国の63.4%、韓国の60.4%を大きく上まわっている。

   特に日本では、2014年71.0%、2018年74.6%、2021年78.6%、2022年79.3%と年々、確実に「自分の将来に不安を感じている」高校生の比率が増加していることは、憂慮すべき事態だと言えよう。(グラフ3)

鷲尾香一(わしお・きょういち)
鷲尾香一(わしお・こういち)
経済ジャーナリスト
元ロイター通信編集委員。外国為替、債券、短期金融、株式の各市場を担当後、財務省、経済産業省、国土交通省、金融庁、検察庁、日本銀行、東京証券取引所などを担当。マクロ経済政策から企業ニュース、政治問題から社会問題まで、さまざまな分野で取材。執筆活動を行っている。
姉妹サイト