2024年 5月 19日 (日)

20代の3人に1人、コロナ禍と比べて「働き方に変化あった」 コミュニケーションが働く意欲に影響?

   約3年にも及んだコロナ禍を経て、20代の3人に1人がコロナ禍の期間と比べて「働き方に変化があった」と答えていたことが、マーケティングリサーチのクロス・マーケティング(東京都新宿区)の「労働意欲と労働環境の変化に関する調査 2023年」でわかった。2023年7月12日に発表した。

   今年5月、新型コロナウイルス感染症が「5類」に移行したことで、街中では賑わいを取り戻しつつあるなか、働く意欲や環境はどのように変化しているのか――。調査は、コロナ禍からの変化を分析した。

「同じ仕事だが、スタイルが変わった」人は20代、30代で11.4%

   調査によると、コロナ禍の期間と比べた働き方の変化(n=1100)を聞いたところ、全体の4人に1人(25%)がコロナ禍の期間と比べて「働き方に変化があった」と答えた。

   具体的には、「同じ仕事だが、スタイルが変わった」「転職するなどで仕事そのものが変わった」「起業した」「副業を始めた」「仕事をやめて無職になった」「仕事をしていなかったが、仕事に就いた」といった人たちだ。

   なかでも、「同じ仕事だが、スタイルが変わった」と答えた人が11.5%を占めた。

   一方で、「仕事に特に変化はなかった」と答えた人は50.4%。「コロナ禍も今も仕事はしていない」という人も24.6%いた。

   これを世代別でみると、20代(n=220)の3人に1人(31.8%)が、コロナ禍の期間と比べて「働き方に変化があった」と回答。なかでも、他の世代と比べて「仕事をしていなかったが、仕事に就いた」と答えた人が4.1%、「転職するなどで仕事そのものが変わった」という人が8.2%と多くいたことがあげられる。

   「同じ仕事だが、スタイルが変わった」と答えた人は、20代、30代とも11.4%。「転職するなどで仕事そのものが変わった」という人は、30代でも6.8%と目立った。【図1参照】

図1 コロナ禍の期間と比べた働き方の変化(クロス・マーケティング調べ)
図1 コロナ禍の期間と比べた働き方の変化(クロス・マーケティング調べ)

   また、身の回りの「働く環境」で感じる変化(n=1100)を聞いたところ、「無人販売やセルフサービスのお店が増えた」と答えた人が16.5%で最も多かった。

   次いで、「飲食店などで、手が足りてないなと思うことが増えた」が13.3%、「自分の職場で人手が足りなくなった」と答えた人が11.3%で続いた。【図2参照】

図2 身の回りの「働く環境」で感じる変化(クロス・マーケティング調べ)
図2 身の回りの「働く環境」で感じる変化(クロス・マーケティング調べ)
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中