2023年8月も食品値上げラッシュ! 乳製品、調味料、冷凍食品...毎日欠かせない必需品ばかり 「値上げ疲れ」家計を襲う「10月の大津波」に戦々恐々

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

消費者が「インフレ」を実感しやすい食品ばかり

kaisha_20230801122952.jpg
乳製品が一斉に値上げへ(写真はイメージ)

   帝国データバンクではこうコメントしている。

「足元では、高い上昇率が続く食品の値上げに対して消費者の購買力が低下する『値上げ疲れ』が鮮明になっている。特に8月の値上げは、パック牛乳など価格の変動に敏感な(毎日店舗に配送される)日配品が中心で、値上げ品目数以上に消費者が『インフレ』を実感しやすい。
価格の上昇に対する消費者マインドが寛容さを失いつつあり、生活防衛志向や値上げ疲れがより進行する可能性がある。一方、足元では輸入原料を中心に価格の変動が落ち着きつつあり、複数回に及ぶ値上げを実施してきた食品メーカーでは相対的にコスト対応力が高まり、人件費など一部の「値上げ圧力」に ついて吸収が可能となる傾向も出始めている。ただ、ウクライナ産小麦の動向や、電気・ガス料金 の負担軽減策など先行きの不透明感は強く、2024年以降も断続的な値上げが続くとみられる」

(福田和郎)

姉妹サイト