2024年 6月 19日 (水)

東京で「山」のつく地名、家賃相場は? 家賃が高いランキング...3位「代官山」、2位「溜池山王」、では1位は?

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   都内には意外と、「山」がつく地名が多い。そのうえ、同じ「山」でも、地域によって家賃相場は大分違いがあるようだ。

   LIFULL(東京都千代田区)は2023年7月28日、8月11日の「山の日」にあわせて、「『山』がつく家賃の高い/安い駅ランキング(東京篇)」を発表した。

   それによると、中央区や渋谷区、千代田区にある「山」のつく地名では、家賃相場は軒並み10万円を超えている。その一方、八王子市、多摩市、東村山市にある「山」がつくところでは4万円~6万円ほどで借りることができるという。

  • 家賃相場の高いマンションにはタワマンも多い…(写真はイメージです)
    家賃相場の高いマンションにはタワマンも多い…(写真はイメージです)
  • 家賃相場の高いマンションにはタワマンも多い…(写真はイメージです)

家賃の「高い」駅...1位「青山一丁目」15万2000円、2位「溜池山王」14万9000円、3位「代官山」13万7000万円

   8月11日は「山の日」。「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する日」という趣旨で、2014年(平成26年)に法律改正案が国会で成立、国民の祝日となった。

(LIFULLの作成)
(LIFULLの作成)

   はじめに、「山」のつく家賃の「高い」駅ランキングをみてみよう。

   1位となったのは「青山一丁目」(中央区:家賃相場15万2000円)。次いで、「溜池山王」(千代田区:家賃相場14万9000円)、「代官山」(渋谷区:家賃相場13万7000万円)。

   以下、4位は「馬喰横山」(中央区:11万1000円)、5位は同率で「飛鳥山」(北区:9万6000円)、「武蔵小山」(品川区:9万6000円)という結果になった。

   同社の調べによると、それぞれの地名の由来では、1位の「青山」は、天正18年(1590年)に土地を与えられた、徳川家重臣の青山忠成から続く「青山家」の名が起源とされている。

   3位の「代官山」は代官の屋敷があったから、代官の持ち物の山林があったから、などとされるが、その名の由来を示す資料は残っていないらしい。

   5位の「飛鳥山」は、まさに山(台地)が由来。ちなみに、国土地理院の地図では、東京都で一番低い山として掲載されている「愛宕山」(標高25.7m)よりも低い山(標高25.4m)ということが、2006年の区の調査で判明したという。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中