2024年 6月 16日 (日)

小・中・高生の生徒数は「過去最少」更新 それなのに、大学の在学者数は「過去最多」のなぜ(鷲尾香一)

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2023年5月1日現在の小・中・高等学校の生徒数が過去最少となる中、大学の在学者数が過去最多となったことが、文部科学省が2023年8月23日に公表した「令和5年度学校基本調査(速報値)」で明らかになった。

学校数も減少...小学校182校減、中学校68校減、高校33校減 教員数では小・中は増、高校は減

   少子化の進行により、生徒数は小学校で前年度比10万1802人減少して604万9503人に、中学校で同2万7673人減少して317万7547人となり、過去最少を更新した。高等学校でも同3万8414人減少して291万8486人となっている。

   生徒数の減少を受け、学校数も減少を続けている。小学校は前年度比182校減少して1万8979校に、中学校は同68校減少して9944校に、高等学校は33校減少して4791校となった。

   一方、教員数は学校数、生徒数の減少に反比例し、小学校では前年度比715人増加して42万4155人に、中学校では同25人増加して24万7373人となっている。ただ、高等学校では同1483人減少して22万3251人と高等学校だけが教員数も減少している。(表1)

   小・中・高等学校の教員に占める女性の比率は、小学校が前年度比0.2%増して62.6%、中学校が同0.3%増加して44.6%、高等学校が同0.3%増加して33.4%となっており、女性教員が着実に増加している。

鷲尾香一(わしお・きょういち)
鷲尾香一(わしお・こういち)
経済ジャーナリスト
元ロイター通信編集委員。外国為替、債券、短期金融、株式の各市場を担当後、財務省、経済産業省、国土交通省、金融庁、検察庁、日本銀行、東京証券取引所などを担当。マクロ経済政策から企業ニュース、政治問題から社会問題まで、さまざまな分野で取材。執筆活動を行っている。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中