健康意識は、コロナ禍から低下? 電通のウェルネス1万人調査

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   「ウェルビーイング」(精神的・身体的・社会的に健康で幸福であること)な生活やヘルスケア領域について調査している電通(東京都港区)の専門組織「電通ヘルスケアチーム」によると、「常に健康を意識した生活をしている」人は、2023年に33.9%となり、コロナ禍の2021年(37.1%)をピークに減少していることがわかった。

   全国20~60代の男女に、「ウェルネス1万人調査」を実施。2023年8月30日に発表した。

「ウェルビーイング」の認知度アップ! 前年度比4.6ポイント増

   この調査は2007年から、生活者の健康意識や行動からヘルスケアインサイトを把握し、その変化について経年比較している。また、新型コロナウイルスの感染拡大による影響も分析。同時に、ヘルスケア領域における最新動向の実態や市場ニーズについても生活者視点で調査している。

   まず、全国の男女1万人に、「ウェルビーイング」(精神的・身体的・社会的に健康で幸福であること)という言葉について聞いたところ、「内容まで理解している」と答えた人が5.5%、「見聞きしたことがある程度 (内容はわからない)」が19.9%で、合わせて25.4%の人が「聞いたことがある」と答えた。「知らない/聞いたことがない」という人は74.6%だった。

   「ウェルビーイング」の認知度は、2022年調査の20.8%から4.6ポイント増えた。【図1参照】

図1 ウェルビーイングを「知っている」人は25.4%だった(電通ヘルスケアチーム調べ)
図1 ウェルビーイングを「知っている」人は25.4%だった(電通ヘルスケアチーム調べ)

   次に、「生活者が現在の自分の『幸せ度』を100点満点で採点したら、何点になるか」聞いたところ、平均点数は男女ともに60代が最も高いことがわかった。60代男性で62.4点、60代女性で64.7点だった。

   全体の平均は56.8点。ただ、これを上回ったのは、男性は60代だけ。女性は60代と、20代(57.2点)と50代(58.2点)と、女性のほうが「幸せ度」が高いことがわかった【図2参照】

図2 自分の「幸せ度」を100点満点で採点したら?(電通ヘルスケアチーム調べ)
図2 自分の「幸せ度」を100点満点で採点したら?(電通ヘルスケアチーム調べ)
姉妹サイト