2024年 5月 23日 (木)

35歳以上ミドル世代の「異業種転職」の関心は? 興味ある業種...30代「IT・インターネット・ゲーム」、40代・50代「メーカー」 エン・ジャパン調査

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   これまでの業種や職種とは異なる方面へと進む「異業種転職」。35歳以上のミドル層の異業種転職への関心は?

   ミドル世代向けの転職サイト「ミドルの転職」を運営するエン・ジャパン(東京都新宿区)は2023年9月11日に、35歳以上のサイト利用者1532人を対象にした「異業種転職」についてアンケートの結果を発表した。

   調査によると、転職活動においての興味として、「異業種の同職種」「異業種の異職種」「同業種の同職種」「同業種の異職種」という4つのパターンのなかでは、「異業種の同職種」が67%で最多だった。

   現職種別でみた場合、「異業種の同職種」に興味があるのは「管理部門系」に多く、「異業種の異職種」に興味があるのは「サービス・流通系」「金融系専門職」で多いという傾向があった。

   また、人気のある業種は全体では「メーカー」(23%)、「その他(インフラ・教育・官公庁)」(17%)、「IT・インターネット・ゲーム」(13%)となった。もっとも、年代別でみた場合は、30代で「IT・インターネット・ゲーム」(27%)がトップとなり、40代・50代のトップは「メーカー」(40代:23%、50代:24%)が人気だ。

  • ミドル世代の「異業種転職」の関心は?(写真はイメージです)
    ミドル世代の「異業種転職」の関心は?(写真はイメージです)
  • ミドル世代の「異業種転職」の関心は?(写真はイメージです)

異業種転職で、興味ある職種...「管理部門系」19%、「経営・経営企画・事業企画系」11%、「マーケティング・販促企画・商品開発系」9%

   この調査は2023年5月10日から7月10日にかけて、「ミドルの転職」を利用する35歳以上のユーザー1532人を対象にインターネットによるアンケートを行ったものだ。

kaisha_20230914162021.png
(エン・ジャパンの作成)

   はじめに、転職活動において異業種・異職種へのキャリアチェンジや同業種・同職種へのキャリアアップなど、どういうスタイルに興味があるかを質問している。

   調査によると、「異業種の同職種」「異業種の異職種」「同業種の同職種」「同業種の異職種」という4つのパターンのうち、全体では「異業種の同職種」が「67%」でトップになった。

   次いで、「同業種の同職種」が「56%」、「異業種の異職種」が「44%」、「同業種の異職種」が「31%」で続いた。年代別では、「異業種の同職種」は30代で「67%」、40代で「66%」、50代で「68%」となった。

   このほか、「異業種の異職種」は30代で「55%」と高い。「同業種の同職種」は40代で「54%」、50代で「60%」だった。

kaisha_20230914162038.png
(エン・ジャパンの作成)

   続いて、それぞれの転職スタイルを選んだ人の現職種に注目した。それによると、「異業種の同職種」を選んだ人の現職は「管理部門系」(88%)、「経営・経営企画・事業企画系」と「マーケティング・販促企画・商品開発系」が同率(78%)、「コンサルタント系」(75%)となった。

   「同業種の同職種」を選んだ人の現職は「技術系(IT・Web・通信系)」で「70%」、「技術系(科学・素材・食品・医療)」が「69%」、「技術・専門職系(メディカル)」で「68%」。

   「異業種の異職種」を選んだ人の現職人は「サービス・流通系」と「金融系専門職」が同率で「62%」、「技術・専門職系(メディカル)」が「49%」、「経営・経営企画・事業企画」が「46%」の順になった。

   「同業種の異職種」を選んだ人の現職は「不動産系専門職」で「50%」、「技術系(電気・電子・半導体)」で「42%」、そして「技術系(IT・Web・通信系)」と「技術・専門系(メディカル)」が同率で「40%」となっている。

kaisha_20230914162053.png
(エン・ジャパンの作成)

   つぎに、「異業種(同職種・異職種)」への転職に興味がある人に、具体的にどの業種に関心があるか質問した。すると結果は、全体では「メーカー」(23%)、「その他(インフラ・教育・官公庁など)」(17%)、「IT・インターネット・ゲーム」(13%)という結果になった。

   年代別では、30代のトップは「IT・インターネット・ゲーム」で「27%」と突出している。30代ではその次が、「メーカー」(18%)、「その他(インフラ・教育・官公庁など)」(12%)という順になった。

   一方、40代・50代のトップは全体と同じく「メーカー」(40代:23%、50代:24%)、「その他(インフラ・教育・官公庁など)」(40代:16%、50代:18%)、「IT・インターネット・ゲーム」(40代:14%、50代:9%)となった。

kaisha_20230914162111.png
(エン・ジャパンの作成)

   また、「異業種(同職種・異職種)」への転職に関心のある人に、具体的にどの職種に感心があるか質問すると、全体でのトップ3は「管理部門系」(19%)、「経営・経営企画・事業企画系」(11%)、「マーケティング・販促企画・商品開発系」(9%)となった。業種が変わってもスキル・経験が活かしやすい職種が上位を占めている。

   一方で、30代が突出している職種に注目すると、「マーケティング・販促企画・商品開発系」が「12%」、「技術系(IT、Web、通信系)」が「12%」、「クリエイティブ系」が「8%」となった。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中