ビール減税で大手4社、10月から新商品続々...「第3のビール」との価格差縮まる 各社の「ビールシフト」鮮明に

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   ビール大手4社が2023年10月に、ビールの新商品を続々と発売する。酒税改正でビールが減税となり、増税となる「第3のビール」との価格差が縮まることから、需要の一定部分で「ビールシフト」が起きるとみて、各社、ビールに注力する。

  • アサヒビール「スーパードライ ドライクリスタル」(プレスリリースより)
    アサヒビール「スーパードライ ドライクリスタル」(プレスリリースより)
  • キリンビール「SPRING VALLEY JAPAN ALE<香>」(プレスリリースより)
    キリンビール「SPRING VALLEY JAPAN ALE<香>」(プレスリリースより)
  • サントリー「パーフェクトサントリービール<黒>」(プレスリリースより)
    サントリー「パーフェクトサントリービール<黒>」(プレスリリースより)
  • サッポロビール「サッポロ生ビール ナナマル」(プレスリリースより)
    サッポロビール「サッポロ生ビール ナナマル」(プレスリリースより)
  • アサヒビール「スーパードライ ドライクリスタル」(プレスリリースより)
  • キリンビール「SPRING VALLEY JAPAN ALE<香>」(プレスリリースより)
  • サントリー「パーフェクトサントリービール<黒>」(プレスリリースより)
  • サッポロビール「サッポロ生ビール ナナマル」(プレスリリースより)

アサヒ、スーパードライ低アルコール3.5%「ドライクリスタル」 キリン、クラフトビール「スプリングバレー」第3弾登場!

   アサヒビールは主力ビールの「スーパードライ」ブランドでアルコール度数が通常の5%より低い3.5%の「ドライクリスタル」を10月11日に発売する。スーパードライと同じ酵母を使い、冷涼感が特徴のドイツ産ホップで香りと苦みを引き立たせた。

   スーパードライと同じ標準的な価格帯で、350ミリリットル缶の店頭想定価格は225円前後。販売数量は23年内に150万ケース(1ケースは大瓶20本換算)、2030年に1000万ケース規模をめざす。

   キリンビールは、力を入れているクラフトビール「スプリングバレー(SPRING VALLEY)」で第3弾となる通年商品「JAPAN ALE<香>」の缶商品を10月24日に発売する。

   自社開発した日本産ホップ「ムラカミセブン」などを原料に一部使う。爽やかな柑橘のような香りを楽しめるようにした。350ミリリットル缶の希望小売価格は267円。

   このほか、飲食店向けの小規模サーバーやたる製品も展開する。2023年の販売数量はスプリングバレーブランド全体で前年比37%増の約230万ケースをめざす。

姉妹サイト