頭をフル回転させるアナログゲームがアツイ 第2回アナログゲームサロンレポート(満員御礼!)

印刷
思わず笑顔。ゲームってそこがいいですよね。
思わず笑顔。ゲームってそこがいいですよね。

   UNOや人生ゲーム、一度はやったことありますよね? 今、密かにブームになっているのが、そんなアナログゲーム。ビデオゲームとは一味違った味わいがあります。

   今回2回目となる「ビジネス脳を刺激する!アナログゲームサロン」も、前回同様にとっても盛り上がりました。「よっしゃ、勝ったぁ~」とか、「あ! ひっかかった!」、「えーー、ここでそれ出すかなぁ。」など、一緒にテーブルを囲むメンバーとの会話もはずみました。まさに、普段は使わないビジネス脳が刺激された方も多かったようです。

実はアナログゲームフリークの、R藤本さんが登場

   今回の参加者は総勢48名。応募多数によって、座席を増やしてもなおいっぱいで、早めに募集を締め切らせていただいたほど人気でした。今回司会にお呼びしたのはドラゴンボール芸人のR藤本さん(よしもとクリエィティブ・エージェンシー所属)です。知る人ぞ知る高円寺のボードゲーム屋「すごろくや」常連で、さらに働いていたこともあるというR藤本さんに、オススメアナログゲームを4本ガイドしていただきました。

今回の司会は地球人のR藤本さん。ベジータではない。
今回の司会は地球人のR藤本さん。ベジータではない。

   また、今回も第1回と同様にクリエイターを中心としたアナログゲームコミュニティ「Anaguma」のメンバーさんたちが強力にバックサポート。各テーブルをAnagumaメンバーがまわり、疑問に答えました。
 そして、会場内の誘導は、Nagatacho GRiDでGaiax Community を運営する皆さんが担当してくれました。

「Anaguma」の朝倉さん
「Anaguma」の朝倉さん
Gaiax Communityを運営する大川さん。
Gaiax Communityを運営する大川さん。
Gaiax Communityに登録するとNagatacho GRiDのシェアペースが無料で使え、wifiやコーヒーも無料に。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?