2018年 7月 18日 (水)

新エンジン搭載のベンツ「V クラス」3モデル

印刷
メルセデス・ベンツ日本、マルチ・パーパス・ビークル「Vクラス」
メルセデス・ベンツ日本、マルチ・パーパス・ビークル「Vクラス」

   メルセデス・ベンツ日本は2007年11月13日、新エンジンを採用して、一部装備を見直したマルチ・パーパス・ビークル「Vクラス」3モデルを発売した。3.5リッターDOHCV型6気筒エンジンを搭載し、従来型に比べ20KWの出力アップと、よりフラットなトルク特性により最高出力190kW(258PS)、最大トルク340Nm(34.7kgm)を発揮。低回転から高回転までゆとりある走行性能を実現させると同時に、軽量化と燃料消費の最適化により環境性能も向上させた。V 350の名を冠した「トレンド」、「アンビエンテ」、「アンビエンテ ロング」の希望小売価格は、それぞれ445万、599万、619万円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中