「神の手」持つギタリスト「クラプトン」の軌跡

印刷
ライフタイム・ベスト

ライフタイム・ベスト
2007年12月5日発売/3480円/WPCR-12775/76
WARNER MUSIC JAPAN



   エリック・クラプトンという名をはじめて聞いたのは、1960年代だった。世界の音楽シーンはビートルズの動向に右往左往していた。そのビートルズとまともに張り合えるバンド、それも技術的にははるかにビートルズを凌ぐバンドがイギリスにいる、という噂が聞こえてきた。

   クリームというバンドであり、そのギタリストがエリック・クラプトンだった。即興演奏に近い、まさにJAM SESSION風の演奏は新鮮だった。それまでにもクラプトンはルースターズなどいくつかのバンドを経験していたが、世界的に名を知られるようになったのはヤードバーズ、そしてクリームでの活動期間だった。

   クラプトンのギターテクは、ブルースが基本にあり「神の手」、「スローハンド」と呼ばれた。あまりの早弾きで指の動きが逆にゆっくりにしか見えないところからついた呼び名。そしてZEPのジミー・ペイジ、ジェフ・ベックと並び、世界の三大ギタリストと呼ばれ、その後のギターフリークスに多大な影響を与えた。

   この『ライフタイム・ベスト』は全36曲入りで、クリーム時代の「クロスロード」など5曲に、ブラインド・フェイス時代の「プレゼンス・オブ・ザ・ロード」なども入っているまさにライフタイム・べスト。

   クラプトンは1974年に初来日して以来、日本に17回もツアーで来ている。2年に一度は来ている計算になる。実は大の日本贔屓で、それも総合格闘技「PRIDE」のファンというのも有名な話だ。子供を亡くしたり、薬物、アルコール依存など「暗」の部分も抱えていたが、いまでは依存症の更生施設を自費で設立するなど光を当てる側に立っている。

   クラプトンは今でも多くのギタリストがリスペクトする存在だが、最近のクラプトンはギタリストでありヴォーカリスト。その軌跡がこのCDを聴けば明らかになる。


【ライフタイム・ベスト 収録曲】

●ディスク:1
1. アイ・フィール・フリー(クリーム)
2. サンシャイン・ラヴ(クリーム)
3. ホワイト・ルーム(クリーム)
4. クロスロード(クリーム)
5. バッジ(クリーム)
6. プレゼンス・オブ・ザ・ロード(フ゛ライント゛・フェイス)
7. アフター・ミッドナイト
8. レット・イット・レイン
9. ベル・ボトム・ブルース
10. いとしのレイラ
11. レット・イット・グロウ
12. アイ・ショット・ザ・シェリフ
13. 天国への扉
14. ハロー・オールド・フレンド
15. コカイン
16. レイ・ダウン・サリー
17. ワンダフル・トゥナイト
18. プロミセス
19. アイ・キャント・スタンド・イット

●ディスク:2
1. ロックン・ロール・ハート
2. シーズ・ウェイティング
3. フォーエヴァー・マン
4. ザ・ギフト
5. ミス・ユー
6. プリテンディング
7. バッド・ラヴ
8. ティアーズ・イン・ヘヴン
9. いとしのレイラ ※アンプラグド
10. ランニング・オン・フェイス ※アンプラグド
11. マザーレス・チャイルド
12. チェンジ・ザ・ワールド
13. マイ・ファーザーズ・アイズ
14. ブルー・アイズ・ブルー
15. ライディング・ウィズ・ザ・キング
16. セイ・ホワット・ユー・ウィル
17. ライド・ザ・リヴァー

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中