英国から里帰りした浮世絵160点を公開 神戸市立博物館

印刷

   神戸市立博物館(神戸市中央区京町)は、2008年1月12日から2月17日まで、特別展「ヴィクトリア アンド アルバート美術館所蔵 初公開 浮世絵名品展」を開催する。

    大英博物館とともに英国が世界に誇る同美術館が所蔵する浮世絵コレクション2万5000点のなかから160点を厳選し展示する。喜多川歌麿の「八百屋お七」(1861~04年)、葛飾北斎の「冨嶽百景」(1831年頃)など、春信、歌麿、北斎、広重ら、英国から里帰りした作品が楽しめる。

   開館時間は10時~17時まで。休館日は、毎週月曜日(1月14日と2月11日の月曜日、祝日は開館、1月15日と2月12日火曜日は休館)。料金は、一般が1100円、高校・大学生が750円、小・中学生が450円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中