掘り出しもの「お宝」探しに数十万人 世田谷ボロ市

印刷

   400年以上の伝統を誇る大規模なノミの市「世田谷ボロ市」が2008年1月15、16日に東京都世田谷区の通称「世田谷ボロ市通り」で開かれる。約700の露店が出店し、骨董品や日用雑貨、古着などを販売する。

   世田谷ボロ市は、毎年12月と1月の15、16日に開かれる伝統行事。戦国時代の1578年に始まり、江戸時代中期頃から野良着のつぎはぎや、わらじに編み込むためのボロが盛んに取り引きされたのが「ボロ市」の名の由来といわれる。

   毎回多くの買い物客、見物客で賑わい、今回も数十万人の人出が予想される。開催時間は両日とも9時~21時。主催はせたがやボロ市保存会。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中