焚き火にあたるサル 日本モンキーセンター

印刷

   愛知県犬山市の日本モンキーセンターでは2008年1月と2月の毎週土日曜日に、焚き火にあたる珍しいサルの姿を見ることができる。火を怖がるはずのサルが焚き火を囲んで暖をとる姿は同センターの冬の風物詩になっている。

   サルは鹿児島県屋久島産のヤクニホンザル。1959年の伊勢湾台風のときに出た倒木を園内で燃やしたところサルが暖を取ったのが始まりだという。入園料は大人1600円、子供800円。休園日は、水、木曜日。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中