2018年 7月 22日 (日)

焚き火にあたるサル 日本モンキーセンター

印刷

   愛知県犬山市の日本モンキーセンターでは2008年1月と2月の毎週土日曜日に、焚き火にあたる珍しいサルの姿を見ることができる。火を怖がるはずのサルが焚き火を囲んで暖をとる姿は同センターの冬の風物詩になっている。

   サルは鹿児島県屋久島産のヤクニホンザル。1959年の伊勢湾台風のときに出た倒木を園内で燃やしたところサルが暖を取ったのが始まりだという。入園料は大人1600円、子供800円。休園日は、水、木曜日。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中