「星降る駅舎」をイルミネーションで演出 江ノ電

印刷

   神奈川県の江ノ島電鉄は2008年1月31日まで、毎年恒例の「駅のイルミネーション」を行っている。江ノ電の始発駅となる鎌倉駅では、駅の外観を5000灯のイルミネーションで縁取るともに2階の窓をステンドガラス調に演出。大仏で有名な長谷駅では、プラットフォームの柱を並木に見立て、8500灯の色とりどりの電球で観る人を楽しませている。終点の江ノ島駅は「星降る駅舎」をテーマに1万2000灯の電球が、光降る「天の川」を演出する。点灯時間は16時半~22時。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中