IHクッキング用のフライパン 貝印

印刷
貝印「O.E.Cフライパン」
貝印「O.E.Cフライパン」

   貝印は、IHクッキングの第一人者である料理評論家の脇雅世さんと共同で、IHクッキングヒーター用のフライパン「O.E.Cフライパン」を、2008年3月10日から発売する。

   熱伝導性と保温性を両立するため、ステンレス材とアルミ材を張り合わせた鋼材の厚さを2.5ミリにしたほか、これまで熱が伝わりづらいとされた側面への伝導性を高めるために、IHと接触する底面を熱効率の高い直径18センチにした。フライパンの高さは少々深めの5.7センチ。強化ガラスを使ってフライパンの中が見えるようにしたふたも付けた。このフライパンひとつで、煮物や蒸し物などもできる。価格は1万5750円。

   また、「O.E.C 卵焼き器」を同時発売した。価格は8400円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中