癒しなんて関係ねえ!「ストレス」溜まるクラシックCD

印刷
反癒し系 クラシック・アルバム『ストレス』
反癒し系 クラシック・アルバム『ストレス』

   エイベックス・クラシックスは2008年2月27日、『ストレス』という名のCDを発売する。タイトルそのまんまの、ストレスが溜まるクラシックの激曲ばかりを収録したコンピレーション・アルバムだ。

   「癒し」を求める世の潮流に逆らうこのアルバム。収録されている15の楽曲も、運動会での定番『道化師のギャロップ』(カバレフスキー)や、『ブラック・エンジェルス~出発より』(J.クラム)、『シバの女王ベルギス~戦いの踊り』(レスピーギ)など、タイトルを聞いただけでも落ち着かなくなるものばかりだ。

   また、この『ストレス』と同時に、溜まったストレスを解消するためのコンピレーション・アルバム『ストレス・バスターズ』も発売する。こちらは『G線上のアリア』などの定番癒し系クラシック11曲を収録している。

   どちらもジャケットデザインに蛭子能収を起用。ジャケット全体から強烈なインパクトを放っており、思わず「ジャケ買い」したくなるようなデザインだ。

   価格はどちらも税込み1890円。品番が『ストレス』(AVCL-25187)、『ストレス・バスターズ』(AVCL-25188)となっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中