出光興産とコロナが家庭用燃料電池向け「マルチ燃料型改質器」を開発

印刷
出光興産とコロナが開発した「マルチ燃料型改質器」
出光興産とコロナが開発した「マルチ燃料型改質器」

   出光興産コロナは共同で、都市ガスやLPガス、灯油のいずれの燃料も使用できる家庭用燃料電池向け「マルチ燃料型改質器」を開発した。2008年2月25日に発表した。

   これまでは、都市ガスやLPガスの気体燃料と灯油などの液体燃料から、同一の改質器で水素をつくり出すことができなかった。それを、出光のもつ水素製造技術と、コロナのもつ気体・液体燃料を同一の燃焼器で燃焼させる技術を融合して「マルチ燃料型改質器」を完成させた。どの燃料にも対応でき、さらに起動時のエネルギー消費量も低減される。4万時間の耐久設計が特徴。

   出光とコロナは、2010年度の商業化をめざす。また、08年2月27日~同29日まで、東京ビッグサイトで開催する「FC-EXPO 2008」の出光ブースで展示する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中