グーグル村上社長「YouTubeの広告はまだまだ未開発」

印刷

   インターネット広告のあり方について考える「第17 回WAB フォーラム」(社団法人日本アドバタイザーズ協会Web 広告研究会主催)が2008年2月26日、東京・大手町のサンケイプラザで開かれた。グーグル(Google)日本法人の村上憲郎社長が基調講演を行い、ユーチューブ(You Tube)の広告の可能性などについてスピーチした。

「リビングルームでもグーグルを」

グーグル日本法人の村上憲郎社長
グーグル日本法人の村上憲郎社長

   村上社長は、グーグル日本法人が力を入れている分野として「モバイル」を挙げ、

「日本はモバイルの先進国なので、日本が手本となって、その成果を世界のグーグルのサービスに生かしていきたい」

との考えを示した。グーグルは08年1月24日にNTTドコモとの提携を発表しているが、講演でも"モバイル強化路線"を鮮明にした。

   また動画投稿サイトのユーチューブについても言及。ユーチューブ上の動画広告コンテストで1位になった作品を紹介しながら、

「ユーチューブ上の広告はまだまだ未開発で、非常に大きな可能性を秘めている。(一般ユーザーだけでなく)広告主にもぜひ、この特異なインタラクティブ・メディアに参加してもらって、新しい動画広告を積極的に提案してほしい」

と語った。

   質疑応答では、「情報家電への進出」についての質問に対し、松下電器産業(パナソニック)が北米で発売する予定のインターネット対応テレビとの連携を紹介。

「今度発売するテレビでは、グーグルのサービスであるユーチューブとピカサ(写真共有サービス)が使えるようにする。このような『リビングルームでもグーグルが使える』という方向性は持続的に追求していきたい」

と情報家電進出への意欲的な姿勢をみせた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中