「あぶって、あぶって」「羽つけて」 スペシャル「たい焼き」次々登場

印刷

   1970年代に大ブームを巻き起こした国民的ヒット曲「およげ!たいやきくん」が2008年3月5日、再び発売された。33年ぶりの復活だ。それにあわせるかのように、巷では、七輪で食べるたい焼きや羽根がついたたい焼きなど、ユニークな「たいやきくん」が続々、登場している。

焼肉屋で食べる「炙れ!たいやき君」

牛角のたい焼きは炙って食べる!
牛角のたい焼きは炙って食べる!

   「炙(あぶ)れ!たいやき君」という面白い名前のたい焼きを始めたのは、焼肉チェーン店「牛角」を展開するレインズインターナショナル(東京都港区)だ。

   焼肉を食べたあとに楽しむデザートのメニューに、たい焼きを加えている。小ぶりのたい焼きを七厘で炙り、最後の仕上げとして食べる。生クリームをたっぷりつけて頬ばると美味しいという。

   たい焼きをメニューに加えた狙いは、女性客の獲得にある。もともと力を入れているデザート部門のバリエーションを増やすため、昨今のレトロブームも念頭において、たい焼きをデザートに追加した。

   女性客を引きつけるために、さまざまな工夫をこらす。

「屋台で売っているたい焼きより小ぶりに仕上げ、女性や子供も食べやすくしました。女性は小さいものが好きだし、大きなたい焼きだと、かぶりつくには女性には少し抵抗がありますからね」

と担当者は語る。七輪で炙るアイデアについても、

「普通は炙らないものを炙り、何でもないフツーのたい焼きを『スペシャル』なものに仕立てた」

   こちらも好奇心旺盛な女性客を想定したアイデアだ。売れ行きは上々で、いまや、牛角のデザートの人気メニューベスト3の地位を確保している。

神田に登場した「羽根つきたい焼き」

外に出っ張った皮がこうばしい「羽つきたい焼き」
外に出っ張った皮がこうばしい「羽つきたい焼き」

   一方、「羽根」がついているユニークなたい焼きもある。「たいやき神田達磨」(東京都千代田区)が販売するたい焼きがそれ。3種類の粉と卵、砂糖を混ぜ、独自の焼き型に流し込んで焼く。タイの形の外縁にはみだしたパリパリの皮が特徴だ。

   たい焼きの周りの皮が羽根のようにみえるため、いつのまにか「羽根つきたい焼き」と呼ばれるようになった。学生街に近いせいか大学生に人気だそうだが、サラリーマンやOLの注目も集めている。

   「羽根」がついている理由について、

「もともと、パリパリの薄皮にあんこが詰まったたい焼きが好きで、パリパリ感においしさも加えれば、あんことのバランスもよくなると考えた」

と創案者の林泰広さんは語る。

「キワモノ的な扱いをされるのが嫌だったし、最初は不安もありました」

と語る林さん。あくまでもホンモノ志向にこだわり、受けをねらって「羽根」をつけたわけではないと強調する。

なつかしの「およげ!たいやきくん」が33年ぶりに再発売された
なつかしの「およげ!たいやきくん」が33年ぶりに再発売された

   ところがいまや、斬新な「羽根」をつけたデザインで、行列ができるほどの人気ぶりだ。1日の売り上げが2000個というヒット商品になっている。

「今川焼きは、丸い形が特徴だが、せいぜいあんことクリームをかえるくらいで、形そのものを変えて売るのは難しい。それに対し、たい焼きは、お客の好みをみて形や色で変化がつけられる。創意工夫の余地がある商品で売り上げにむすびつけやすい」

   店の工夫しだいでいくらでもバリエーションが広がるのが「たい焼き」というわけだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中