2018年 7月 23日 (月)

「桜の季節」にぴったり! ファンモンの応援歌「旅立ち」

印刷

『旅立ち』
FUNKY MONKEY BABYS/3月26日発売
MUCD-5129/1050円
ドリーミュージック


   HIP HOPというと、50歳代には縁遠い感じもするが、聴けばこれが面白い。

   音楽ジャンルのひとつと言い切れないほど、他ジャンルアーティストもHIP HOPを我が物にし、R&Bやレゲエなどに入り込んでいる。実はHIP HOPそのものは、50歳代の人間にとって青春時代だった70年代にはすでに登場していて、ラップ、ブレイク、DJ、MC、ギャング・スター、Bボーイなどの言葉を生み出してきた。

   発祥地のアメリカでは、東西のHIP HOPPERR同士の抗争事件なども多発し、銃撃事件で命を落とすアーティストまでいたほど。日本でも多くのHIP HOPアーティストが誕生しているが、MC+DJというスタイルが基本で、J-POPシーンの中で独自の発展を遂げている。

   ここで紹介するFUNKY MONKEY BABYS(通称ファンモン)も、HIP HOPグループのひとつだが、筆者は「FUNKY MONKEY BABYS(BABIES?)」と聞くと、キャロルを思い出す世代。矢沢の永ちゃんがこの上なくカッコ良い時代の、キャロルの名曲タイトルだが、そんなの関係ない!

   ファンモンの明るく前向きで、元気の出る曲は、素直にカッコ良いと思う。ニューシングルは「旅立ち」、まさに今の季節にはぴったりの応援歌になっている。また今春公開予定の映画『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』の主題歌にもなっている。

   そして、いつも楽しみなのがジャケットだ。デビューシングル「そのまんま東へ」では今を時めく東国原宮崎県知事(その時点ではまだそのまんま東)をフィーチャー、それ以降もタレント・山田花子、ペナルティ、女優・中嶋朋子、若手俳優・脇知弘、女優・戸田恵梨香を起用してきた。

   常にデザインは正面からの顔のアップ写真(2枚のアルバムでは常にDJ担当のDJケミカルの写真)を使い、今では、次は誰だ?と楽しみに。で、7枚目は『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』に西条役で抜擢された若手俳優・石田卓也。

   それにしてもこの3人組は面白い! MC担当のファンキー加藤、モン吉の名前を足してグループ名にしたというのも良い。やっぱりキャロルは関係ないのだ!


【旅立ち 収録曲】

1. 旅立ち
*映画『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』主題歌
2. 虹の架け橋
3. 旅立ち(instrumental)
4. 虹の架け橋(instrumental)
<CD EXTRA>「旅立ち」のvideo clipを収録

DVD同時リリース
『FUNKY MONKEY BABYS 1st Japan Tour「Lovin'Live」』
MUBD-1019 3500円


今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中