加速する「腐女子ビジネス」 専門ポータルもオープン!

印刷

   「腐女子」をキーワードにしたビジネスの流れが加速している。2008年3月11日には、腐女子のためのポータルサイトがオープンした。腐女子志願者向けのガイドブックや腐女子が主人公のテレビドラマまで登場しているが、はたして「腐女子」は儲かるのか?

「腐女子による腐女子のためのポータルサイト」

腐女子のためのポータルサイト「fujyoshi.jp」
腐女子のためのポータルサイト「fujyoshi.jp」

   腐女子とは、男性の同性愛をテーマにした漫画や小説(ボーイズラブ)が好きな女性たちのこと。そんな腐女子向けのポータルサイト「fujyoshi.jp」を開設したのは、米シアトルに本社を置くトレジャーネット・インク。サイトのキャッチコピーはズバリ「腐女子の腐女子による腐女子のためのポータルサイト」だ。

   サイト開設のきっかけについて、同社の女性担当者は次のように話す。

「もともと弊社ではレディコミ(レディスコミック)やボーイズラブ小説を専門に扱うサイト『eboyslove.com』を運営しており、ケータイ書籍がヒットしていました。最近、『ボーイズラブ』『腐女子』といった言葉の認知度が高まっていますが、腐女子向けのポータルサイトがなかったことから、腐女子専門サイトを立ち上げました。サイト開設に当たっては身の周りの『腐女子』に協力してもらいました」

   fujyoshi.jpでは、腐女子の座談会や書き下ろしのボーイズラブ小説を掲載。20代、30代の女性を中心に、10代から40代くらいまでのボーイズラブ好きな女性の利用を見込んでいる。今後も、腐女子の聖地「乙女ロード」(東京・池袋)の紹介や、「実録!本当にあったボーイズラブ体験」などのコンテンツを追加していく予定だ。

   さらに女性だけでなく、男性に向けても「腐女子情報」を発信していく。

「最近は『腐女子』に興味のある男性も増えているといいます。そういった方向けのコンテンツも検討していきます」

「腐女子=知的な女性」というイメージも

腐女子のガイドブック「腐女子の品格」の特設サイト
腐女子のガイドブック「腐女子の品格」の特設サイト

   「腐女子」をテーマにしたコンテンツビジネスはネットだけにとどまらない。08年1月から2月にかけては、テレビ朝日が土曜ミッドナイトドラマ「腐女子デカ」を放送した。腐女子であることを隠して警察官になった主人公が、「腐女子の妄想」をもとに難事件を解決していくストーリーだ。6月のDVD発売も決まった。

   「腐女子デカ」は非腐女子が「外から見た腐女子」を表現したドラマだったが、腐女子が自ら描いた「腐女子モノ」もある。リブレ出版は08年1月10日、「品格ある腐女子」になるための指南書「腐女子の品格」を発売した。腐女子が自ら筆をとったということだが、発売の5日後に増刷が決定されるなど好調な売り上げを記録している。

   また、「腐女子=ボーイズラブ(BL)好き」という本来の定義からは離れるが、オタクであることをウリにデビューした自称「ヲタドル(オタクなアイドル)」ユニットもある。「中野腐女子シスターズ」だ。06年9月に結成され、メンバーにはガンヲタ、鉄ヲタなどが顔を揃えている。

   勢いを増す「腐女子ビジネス」について、アニメやゲームなどのサブカルチャーに詳しいITライターは次のように分析している。

「かつては『腐女子』というと軽蔑的な響きがあったが、最近はむしろ『文化の深いところを知っている知的な女性』というポジティブなイメージも帯びてきている。このような『腐女子のカジュアル化』の背景には、オタク文化に乗り遅れたくないという今の若者の風潮があるのだと思う。腐女子ブームでボーイズラブがものすごく売れているという印象は薄いが、そこから派生するオタク市場は盛り上がってきていると感じる」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中