2019年 2月 20日 (水)

男性の同性愛が「好き」 「腐女子」が増殖中

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   男性の同性愛を扱った漫画や小説が好きな女性たちを「腐女子」(ふじょし)と呼ぶそうだ。鉄道やアニメなど、さまざまな「おたく」が市民権を得つつある中、「腐女子」たちの存在感も勢いを増している。その実態はどんなものなのだろう。

「ボーイズラブ」は女性向けポルノ?

TVも「腐女子」を注目。彼女たちの聖地「池袋東口乙女ロード」を扱った「出没!アド街ック天国」(テレビ東京)
TVも「腐女子」を注目。彼女たちの聖地「池袋東口乙女ロード」を扱った「出没!アド街ック天国」(テレビ東京)

   男性の同性愛を扱った漫画や小説を「ボーイズラブ(BL)」という。BLが好きな自分を「腐ってる」と表現したことから「腐女子」と命名されたらしい。ライトノベル小説の情報を紹介するサイト「ライトノベル作法研究所」で、「女性がBL(ボーイズラブ)を好きな理由とは?」というスレッドが立てられ、30人ほどから意見が集まった。

   そのうち3割以上が、

「(マンガや小説といった世界でも)好きな男を他人(女性)にとられたくない」
「女の身体は美しくないから」

   などと、同性(女性)への嫉妬や嫌悪が理由だった。さらに、

「BLは展開が早く、少女漫画では見られない性の世界が見られる」
「ポルノは読みたいが男性用のエロ本を買うのは恥ずかしい。BLは女性向けポルノ」
「妊娠しないから、気楽に楽しめるセックスファンタジー」

   と「性」への強い欲望もかいまみえる。

   マスコミが取り上げる「おたく」はずっと男性だったため、「腐女子」の存在は最近まで表沙汰になることはなかった。しかし、コミックマーケットのサークル参加者の男女比で考えると、「女おたく」は「男おたく」の同数から倍近くいる。だから「隠れ腐女子」はもっといるはずだ、というわけだ。
   06年12月14日に宙出版から発売された「となりの801ちゃん」は発売から1か月で10万部を売り上げ、今の売れ行きは好調だという。この本は、「アニメおたく」の男性が「腐女子」の彼女との恋愛をブログで綴ったもの。「801」は「やおい」と読み、「腐女子」の中でも最も性表現などが過激とされるジャンルだという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中