2018年 7月 24日 (火)

赤ちゃんと同じ「抱きごこち」 出産お返し「だっこ米」人気

印刷

   「出産祝いのお返し、何を送ろうか・・・?」。意外と難儀するお返し選び。最近、ユニークさと実用性を兼ね備えた「ある商品」が人気を集めている。

「赤ちゃんを抱っこした時と同じような感触」

「好味屋(よしみや)」が販売している「抱きごこち」
「好味屋(よしみや)」が販売している「抱きごこち」

   その商品とは、赤ちゃんが生まれたときの体重と同じ重さの「お米」。赤ちゃんの体重にあわせて1g単位で調整した米をギフト用に販売しているのだが、商品名は「だっこ米」「抱きごこち」など、販売会社によっていろいろだ。

   例えば、アルタシステムが運営する通販サイト「阿波の産直便」(徳島県海陽町)が販売している「だっこ米」。赤ちゃんの体重にあわせた米を詰めたパッケージには、赤ちゃんの名前や体重、写真が掲載される。同社のホームページの注文フォームから赤ちゃんの写真を送ると、オリジナルの「だっこ米」を贈ってくれる。受け取った相手には「赤ちゃんを抱っこした時と同じような感触が味わえる」と好評だ。

   この「だっこ米」は、楽天市場の「出産祝い・ギフト」セクションで2008年2月に毎週1位を獲得するほどの人気だった。販売数について、社長の丸岡一洋さんは「ゼロからのスタートだったが、最近では、月に1000個近くがでている」と話す。

抱きやすいように、さまざまな工夫を

「抱きごこち」を抱えるとこんな感じ。高さ30センチほどの大きさ
「抱きごこち」を抱えるとこんな感じ。高さ30センチほどの大きさ

   福岡県北九州市の「好味屋(よしみや)」が販売する「抱きごこち」は、抱きやすいように袋の上部に丸みをもたせているのが特徴だ。

「ふつうの四角い袋だと、抱いたときに上部に空間ができてしまうんですよ。そのあたりを工夫しています。名前のとおり『抱きごこち』にはこだわっています」

と、店長の小野成生さんは工夫の理由を語る。さらに形を整えるため、袋の大きさは米の重さ50g単位ごとにとりかえているという。

   また、好味屋では店頭で「抱きごこち」の見本品を置いている。ユニークなデザインは普通のお米を買いにきた客の目もひく。

「店頭に来たお客さんも思わず抱いてしまうみたいです。『たかいたかい』をして、盛り上がることもありますよ」(小野さん)

「遠方の両親に孫の重さを届けられました」

   好味屋のホームページ内にある「お客様の声」コーナーには、実際に購入したお客さんのコメントや商品の感想、写真が掲載されている。「デザインがいい」「レイアウトがかわいい」と人気だが、それ以上に、赤ちゃんのさまざまな表情がかわいらしい。

   阿波の産直便のサイトにもたくさんのレビューが寄せられている。「遠くに住んでいる両親に孫の顔と重さを届けられました」という具合に、遠方の家族・親戚に喜ばれているようだ。遠くにいると、実際に赤ちゃんを抱けないから、「赤ちゃんてこんなに軽いのか!」あるいは「こんなに重かったっけ」という嬉しい驚きがあるのだろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中