2018年 7月 22日 (日)

遠赤外線効果で「石窯」並みのレンジ 東芝ホームアプライアンス

印刷
東芝ホームアプライアンス「過熱水蒸気オーブンレンジ」
東芝ホームアプライアンス「過熱水蒸気オーブンレンジ」

   東芝ホームアプライアンスは、遠赤外線の効果で食品を内部から温めて、石窯で焼いたように調理できる「過熱水蒸気オーブンレンジ」を、2008年6月1日から発売する。

   ラップなしで調理可能な「スチームあたため」、蒸し器を使わない「蒸し料理」、フランスパンを手軽に焼き上げる「石窯スチーム」、調理メニューごとにタイミングを変えてスチームを発生させる「適温スチーム」機能、最高250度の過熱水蒸気で食品の油脂や塩分を落としてヘルシーに焼き上げる「過熱水蒸気調理」機能を搭載したほか、連続1000ワットの出力ですばやく温める「スピードあたため」機能や、赤外線センサーで食品温度を検知しながらインバーターで出力を制御する「ソフトあたため」機能を採用。遠赤外線の強い過熱効果で、ピザやパン、肉料理などを石窯で焼いたような、本格的なオーブン料理ができる。オープン価格。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中