2019年 11月 21日 (木)

伝統は勝ち抜き戦のようなもの――「スコッチの島」の新しい蒸留所

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   僕の会社のスタッフの嶋田君はスコッチが大好きだ。32歳だけれど多分、すべてのブランドを知っているのではないかと思う。飲むスタイルは常にストレート。愛してるのだ。

スコッチをもっと知るためにアイラ島へ

お土産にもらったキルホーマンのミニチュアボトル
お土産にもらったキルホーマンのミニチュアボトル

   先日、彼はスコッチをもっと知りたいがためにアイラ島まで旅行をしてきた。職場ではいいなあとみんなが言うものの、なぜそこに、という部分では彼の心を理解している人間はいなかっただろう。村上春樹の「もし僕らのことばがウィスキーであったなら」を読んでしまったのかもしれない。

   アイラ島というのはスコットランドの西側にある小さい島だけれど、この島には稼動している蒸留所が8カ所ある。いや、先日まで7カ所だった。新しい蒸留所が生まれるかも、というニュースはあったけれど、嶋田君がその最新ニュースを伝えてくれた。2005年、ついに蒸留所は稼動し、現在熟成中だそうだ。

   キルホーマン(Kilchoman)という新しい蒸留所。先日までサイトも仮にあっただけのようだが、この5月になって動き始めた。まさにそういうタイミングで嶋田君はアイラ島に行ったわけだ。

   お土産にくれたのはミニチュアボトルのキルホーマン。「ニュー・スピリット」と書かれている。彼が訪れた時にはこのミニチュアボトルだけがお土産として売られていて、彼自身はその場でテイスティングをしてきたそうだ。「まだ若いんで、スコッチらしさと言えば、癖が強いってところだけでしたけど、何より嬉しかったですね」と嶋田君は言っていた(ちなみにこの夏に少量だが、この「ニュー・スピリット」は市場に出回るようだ)。


◆坂井 直樹 プロフィール

坂井直樹氏
ウォーターデザインスコープ代表/コンセプター。1947年京都市出身。京都市芸術大学デザイン科入学後、渡米。サンフランシスコでTattoo Companyを設立。ヒッピー達とTattooT-shirtを売り、大当たりする。帰国後、ウォータースタジオを設立し、日産「Be-1」「PAO」のヒット商品を世に送りだし、フューチャーレトロブームを創出した。2004年デザイン会社、ウォーターデザインスコープ社を設立し、ケイタイを初めとした数々のプロダクトを手がける。現在auの外部デザイン・ディレクター。07年9月、新メディアサイト「emo-TV」を立ち上げる。同年12月には、日常の出来事をきっかけにデザインの思想やビジネスコンセプトを書きつづった「デザインの深読み」(トランスワールドジャパン刊)を著した。

>>>emoTV ムービーのココロミ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!