2021年 6月 20日 (日)

機能よりデザインの「iPhone」 衝撃の「黒船」とは言いすぎだ

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   2008年6月4日、米アップルの携帯電話機「iPhone(アイフォーン)」の国内発売が発表された。キャリアはNTTドコモとの争奪戦に勝ったソフトバンクモバイルだが、今後ドコモから出る可能性はまだ否定できない。現時点では発売日、販売価格、料金体系などの詳細も不明だ。それでも、マスメディアには「衝撃」「黒船」などの冠つきで紹介される「iPhone」。さて、その実力のほどはどうだろうか。

本国発売から1年経ってようやく決定


iPhoneの現行モデルは価格約400ドルから。月額料金は60ドル~。

   最新のデジタル機器に興味がなくても、「iPhone」という名前を今までに聞いたことがある人は結構いるはずだ。もしかしたら、これによく似た機器を国内の家電店で目にしているかもしれない。

   本国アメリカでの発表は2007年1月で、今を去ること約1年半前の出来事。以来、国内メディアでも頻繁に取り上げられている。07年9月にはiPhoneとよく似た「iPod touch」が国内でも発売された。両者の主な違いは、乱暴に言って電話(とデータ通信)の有無である(touchでも無線LAN経由のネット接続は可能)。したがって、まだ見ぬiPhoneではあるが、そのアウトラインは日本のユーザーにもかなりお馴染みのはずである。

   発売当時、そのデザインは新鮮に感じられた。従来のiPodは、クリックホイールと呼ばれる丸い操作部分が特徴だった。しかしiPhone/iPod touchでは、画面に触れて操作するマルチタッチスクリーン形式を採用。その結果、画面は大きくなり、凸凹のないスッキリとしたデザインになったのだ。

虎古田・純

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!