2018年 7月 16日 (月)

ネットでも反響!キスする女性型ロボット「エマ」

印刷
「エマ」のキスモード
「エマ」のキスモード

   セガトイズは自律型女性ヒューマノイドロボット「エマ(E.M.A)」を2008年9月26日に発売する。

   「エマ」はグラマラスな女性の形をした全長36cmのロボット。稼働箇所は胴体に1つと肩・肘・膝・足に各2つの計9箇所あり、女性らしいしなやかな動きを再現した。頭・手・腕・足にはセンサーを内蔵。コントローラーによらず、体を近づけたり、触れたりするだけで命令を出すことができる。

   機能としては"ダンス"モードや"名刺交換"モードなどがあり、中でもとりわけユニークなのが"キス"モードだ。

   この"キス"モードは特定の条件の下で、顔を「エマ」に近づけるとキスをしてくれるという機能なのだが、この機能がネットで反響を呼んでいる。

   美少女ロボットをイメージしていたのか

「期待していたのに、画像を見てがっかりした」
「○○○への道のりは遠い」

といった意見が中心を占めるが、

「これは大きな一歩だ」
「数年後が楽しみ」

と前向きにとらえる意見もある。

   電源はアルカリ単3電池×6本を使用する。価格は1万8900円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中