2021年 6月 21日 (月)

ミニノートPC「戦国絵巻」 国産「工人舎」は魅力乏しい

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   国内PCメーカーの「工人舎」が2008年6月24日、インテルの新型プロセッサ「Atom」を搭載した小型ノートパソコン2系統10モデルを発表。7月上旬に発売開始の予定だそうである。

海外メーカーとの価格勝負はせず

ワンセグが観られるSXシリーズは直販8万9800円~。
ワンセグが観られるSXシリーズは直販8万9800円~。

   この工人舎は、Eee PC(イーピーシー)の国内発売以前から、似たようなコンセプト――メール・ウェブ利用をメインに据えた低価格路線――のモバイルPCを出していた会社だ。

   Eee PCのようなブレイクに至らなかった最大の理由は価格面だろう。従来の国産大手メーカーにくらべれば割安だった10万円前後の価格は、Eee PCが約5万円で登場した後では影が薄くなった。ミニPC第2ラウンドとなる「Atom」で、どんな製品を出してくるのかが注目であった。

   今回、「KOHJINSHA モバイルノートPC」に新たにラインナップされた2シリーズの違いを大まかに書くと、「SCシリーズ」は、7型液晶で光学ドライブなし、駆動は3.2時間と短い。そのかわりに798gの軽量がウリの「ウルトラモバイル」。

   「SXシリーズ」は8.9型液晶にDVDスーパーマルチドライブ、駆動4.2時間。「ワンセグ・WEBカメラも搭載した究極のフルスペック」(同社オフィシャルサイト)だ。

   価格は前者が8万9800円~、後者が10万9800円~である。ITproが書いてるように、海外メーカーの「Atom」PCの国内販売の予想価格が5~7万円台程度なのに対して、高めの価格である。これまで低価格がウリだったメーカーだけに、大胆に価格を下げてくることも予想されたが、価格勝負を避けたというのは妥当な見方だと思える。では、それに変わるモノは何だろうか。

虎古田・純

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!