2018年 7月 24日 (火)

アルゼンチン料理って食べたことアル?

印刷
焼きオマールエビのクミン風味、アボカド添え
焼きオマールエビのクミン風味、アボカド添え

   ホテルオークラ東京(港区虎ノ門)は2008年7月9日から17日まで、本館5階の欧風料理レストラン「オーキッドルーム」で、日本では珍しい「アルゼンチン料理フェア」を開催する。

   スペインやイタリアの移民の子孫が多く住む南米の国アルゼンチンは、広大なパンパ(大草原)で育てられた穀物や牛、世界5位の生産量を誇るワインなど、豊かな食材に恵まれている。

   今回のフェアでは、アルゼンチンから新進気鋭のシェフ、サンティアゴ・フェレール氏を招き、同国に根付く南米ラテン料理と地中海料理を融合させた“モダンアルゼンチン料理”を提供する。

   また、初日の7月9日には、本館5階のメインロビーで特別コンサートを開催。アルゼンチンタンゴの魅惑的な音楽と踊りを披露する。

   料理は、平日のランチコースが4200円と6300円の2種類。ディナーコースは9975円と1万4700円の2コースとなっている(いずれもサービス料別)。コース以外のア・ラ・カルトのメニューもある。土日は、アルゼンチン料理を取り入れたブッフェ料理を提供する。

   ※アルゼンチン料理フェア
      http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/restaurant/restaurant/orchidrm/recommend.html

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中