2019年 11月 21日 (木)

営業マン必見!密かに広がる 「サボリーマン」向けサービス

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   外回りの営業、早く終わったけどすぐ会社に戻りたくない。どこかでちょっと息抜きしていこうか――。そんな「サボリーマン」がひと休みして、リフレッシュできるスペースが街にはたくさん転がっている。

ネットカフェに対抗して始めた「お昼寝カプセルプラン」

眠るのも、映画を見るのもあなたの自由
眠るのも、映画を見るのもあなたの自由

   東京・上野にあるカプセルホテル「ダンディ」は、2008年6月26日から"サボリーマン"のための「お昼寝カプセルプラン」を始めた。6時間で2100円。午前10時から午後4時まで、カプセル・サウナ・浴室の全てが利用できる。

   また、映画やアニメ、ドラマなどがカプセル内で見放題というビデオ・オン・デマンドのシステムもついている。スーツからガウンに着替え、寝転んで映画やドラマを楽しむことができる。仕事のことなんか忘れてリラックスしたいサボリーマンにはありがたいプランだ。

   今回のサボリーマン向け「お昼寝プラン」は、ネットカフェ対策なのだという。

「昨今のネットカフェ難民ブームなどで、元来カプセルホテルがターゲットとしていた層がネットカフェに流れてしまいました。お客を取り戻すために何かできないかということで企画したのが、このプランです」

とダンディの秋山恵一副店長は話す。

「昼間営業を行うカプセルホテル自体はこれまでにも存在しましたが、差別化をはかるために『サボリーマン』というキーワードを入れました。スーツからガウンに着替えることで、日ごろは働きづくめの方も『サボリーマン』に転身し、ゆったりとした解放感を味わってもらいたいと考えています」

   今のところ、前日に飲みすぎて気分の悪いサラリーマンや、年金生活に入り時間に余裕のある老年層などに利用されているという。ただ、このカプセルホテルは男性専用。「お昼寝プラン」も男性しか利用できないという点がやや残念ではある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!